妊娠中に中性脂肪が高いと診断された!素早く対処するための心得

妊娠をする前まではとくに健康診断などを行ってもとくに中性脂肪が高い状態になってしまうようなことはなかったのですが、妊娠後に検診を受けると中性脂肪の数値が通常の何倍にも高い数値となってしまっているということもあると思います。

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s

今まで血液検査などでひっかっかったことがないのに妊娠した後に中性脂肪の数値があがってしまうのはなぜなのでしょうか。
考えられる原因とできるだけ早く対処するための方法について解説していこうと思います。

妊娠をきっかけに中性脂肪が上がるということはあるの?

妊娠中は普段よりも太ってしまうことが多いということはご存知の方も多いと思います。
妊娠中に太ってしまう原因となるのはつわりを終えた後の食欲増加によって普段よりもついつい食べる量が増えてしまうというところにあります。

それ以外にも通常時は食事で糖質などを摂取した場合はそれをエネルギーへと変換しながら生活していたのですが、妊娠をすると糖質エネルギーは赤ちゃんへと優先的に送られるようになります。

なので母体となる体自体にエネルギーが不足してしまうことがないように脂肪を消費せずにできるだけ溜めこんでおくように体質が変わってしまいます。

このように脂肪を溜め込みやすい体質になるということは太りやすいだけでなく当然中性脂肪が上がりやすいということも言えます。

またそれ以外にも赤ちゃんがお腹の中で成長するにしたがって、腸が圧迫されてくるので排便がスムーズにできなくなってくる場合があります。
また、トイレでいきんで排便をするのが普通かと思いますが、妊娠中はいきむことで赤ちゃんが急に出てきたらどうしよう・・・といったような心理的なブレーキ信号がでてきます。

なので普段よりも便秘になりやすく新陳代謝が下がりやすいのでこれもまた中性脂肪を高めてしまう原因となっています。
これらのことから妊娠をきっかけとして中性脂肪が高まってしまうことも十分にありえるということが言えますね。

妊娠中でも中性脂肪を正常値を維持するには?

妊娠中はあまり痩せすぎるのも早産や新生児黄疸などといったリスクがあるので避けるべきですが、もちろん中性脂肪が高く太りすぎてしまうのも問題です。

体重が増えすぎると産後ダイエットの負担が大きくなり、下手をするともとの体型には戻せなくなってしまうといったようなことも考えられます。

まず妊娠中にできるだけ中性脂肪が無駄に上がってしまわないようにするためには食欲が増えてしまったとしても推奨されているカロリーを大きく超えてしまうような食事はとらないようにすること。

そして食べるものは栄養バランスがよくて消化吸収しやすいものを選ぶようにするということがポイントとなります。

その他妊娠中に飲んで健康を促進しつつ中性脂肪を正常な状態へ戻すことができると言われている水素水などを飲むようにしていくことで妊娠中の健康を守りつつ妊娠太りや中性脂肪の上昇を抑えることができるようになります。

妊娠中の検診によって中性脂肪が高いということがわかったという場合はしっかりと事前に対策をして余計な病気などにかかってしまうリスクを最小限に抑えるようにしていきしょう。

妊娠中の中性脂肪を改善できた水素水の効果と体験談まとめ

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です