臭い玉の予防法!自宅で簡単にできる裏技とは?

口の中に臭い玉と呼ばれるありえないくらいにクサい玉ができてしまって困っているということはありませんか?
この臭い玉は扁桃腺の表面に存在している小さな穴に老廃物や死骸がどんどんと蓄積されるようになってしまっているのが原因でできる玉で、ものすごくニオイが臭いので臭い玉(くさい玉)などと呼ばれています。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

臭い玉は基本的には自分で取ることができるのですが、とってもとってもすぐにまた新しい臭い玉ができてしまってその繰り返しになってくると正直もうだんだんうんざりしてきます。

というのもとるのはいいですが、そのたびにもの凄いクサい臭いを嗅ぐことになりますし、口臭もそのたびにひどいものになってしまうからです。

そのためできることなら臭い玉ができてしまうのをあらかじめ予防したい!と考える人も少なくないのではないかと思います。

今回は自宅でも簡単に実践することができる臭い玉の予防法について解説していこうと思います。

>>ちなみに臭い玉をすぐに取る方法はこちらをご覧下さい

臭い玉の予防法まとめ

臭い玉は自分で取るのはあまり推奨されていないので、できるだけ臭い玉ができないように最初から予防をしていくようにすることが大切です。

1.食べたらすぐ歯磨きをする

臭い玉は口の中が汚れていて細菌などが多いときに発生しやすいという特徴があります。
そのため食後にそのまま何時間も放置したりすると少しづつ扁桃腺の表面に存在する穴に汚れや膿などが溜まっていくようになってしまいます。

fc6046b0750a8ce693d1441557567f3b_s

まず口の中に食べかすや汚れなどが残らないように食べたら歯磨きをするようにして歯に付着した汚れから細菌が発生してしまうのを防止するようにしていきましょう。

2.外から帰ってきたらうがい薬でうがいをする

外から帰ってきたら外気から細菌などを吸い込んでしまって口の中に付着しているということもありますので、うがい薬などを使って殺菌するようにしていくのも効果的です。

外には数えきれないほどの細かい細菌が大量に存在していますし、人がたくさん密集しているところに行くと他人の口からくしゃみなどで飛散した菌を知らない内に吸い込んでしまっているということもよくあります。

これらは風邪やインフルエンザなどの症状を引き起こす原因にもなりますが、実は今回のような臭い玉のもとを作りだす原因にもなっています。

うがい薬で口の中や喉の奥の辺りに入り込んでいる可能性のある細菌をしっかりと殺菌するようにしてくことで臭い玉が増殖することを防ぐ効果が期待できます。

3.シャワーの水圧で菌を飛ばす

お風呂に入ったときにシャワーを使うのであればシャワーを口の中に充ててその水圧で洗浄をするようにしてみるのも実は効果があると言われています。

a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s

あまり強すぎる水圧だと口の中を傷つけてしまう可能性もあるので、適度な水圧のシャワーが自宅についている場合は一度試してみるのもいいですね。

一番臭い玉の予防効果が高いと感じた水素水の効能

ここまでいくつか臭い玉の予防方法について解説してきましたが、どれも人によって効果がまちまちなところがあります。
そんな中、体の中から老廃物などを一気にデトックスしてまっさらでクリーンな状態を作ることができる水素水が臭い玉の予防をするのであれば最も効果的です。

P1010633

臭い玉は外から入ってきた菌の影響もありますが、体内環境の乱れや免疫力の低下などが最大の要因となっています。水素水を飲むようにしていくことで免疫力を高めつつ体内環境をスッキリ綺麗にすることができるのでそもそも臭い玉などができてしまうことがない状態に体質から変えていくことができます。

この場合は水素水を飲む以外の面倒な作業なども一切必要ないので、何度も繰り返し臭い玉ができてしまって悩んでいるという場合は試してみる価値は十分にある方法となっています。

【体験談】臭い玉の予防に最大の効果を発揮する水素水を使ってみた効果まとめ

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です