脳の衰えを感じた時に今すぐできる対策とは?

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

何だか最近ものすごく脳の衰えを感じはじめた・・・というようなことで悩んでいませんか?

何かを考えようとしてもすぐに頭が疲れるような感覚になって考えられずにほぼ思考停止したような状態になってしまうと「あ、これって脳が老化しはじめているのでは?」とふと振り返ったときに感じる瞬間があるかもしれません。

  • 思考能力の低下を感じる
  • 物忘れが激しいと感じる
  • とっさの判断に弱くなったと感じる
  • 考え事をするとすぐに頭が痛く重くなる
  • すぐにキレたりして短気になったと感じる

 

これも一例にすぎませんが、このような項目に少しでも共感できるところがあるとなると脳の衰えが酷くなっている証拠とも捉えられます。

念のために言っておきますと脳の衰えというのは自分で感じているうちはまだ大丈夫です。
本当に危ないのは脳の衰えを自分では全く気付いていないのに他人から指摘されるようになってきたときです。
そうなってくると本格的にアルツハイマーや認知症などのリスクも高まってくるのでそのまま放置しておくわけにはいかなくなってきます。

自分で脳が衰えてきたかも?と少しでも感じているのであればその段階で対処をしていくようにすれば、そこからさらに脳の障害や病気へと進展していくのを食い止めることもできます。

今回は今すぐにでも実践できる脳の衰えを食い止める対策方法についてお伝えしていこうと思います。

脳の衰えを食い止める具体的な方法

1.歩くことは体力だけでなく脳の働きも活性化させる

交通機関の発達などで最近全然歩くということをしていないかも・・・という人も少なくないと思います。
下半身には全身の筋肉の3分の2が詰まっていると言われています。

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s

そんな下半身をウォーキングによって動かすようにすると休み続けていて衰えていた脳を働かせながら活性化させることができます。

歩くことで下半身に蓄積して動かなくなっていた血液を心臓の方へと押し上げることができるようになるので、血液の循環がされるうようになって脳内がスッキリしてくるようになります。

歩いているときはただ座ってぼーっとしているときよりもいいアイディアなども出やすいのはそのためです。
時間がどうしても取れないという時は30分でもいいのでちょっと近所を散歩してみるようにして少しでも毎日歩くクセをつけるようにするだけでも違います。

ただし、慣れないのに過度に歩きすぎて足を痛めたりしないようには注意してくださいね。

2.人と話をすることで脳が活性化される

他人との会話はしっかりとできていますか?最近めっきり会話をする機会もなくて何日も誰とも話していないかも・・・なんてことになっていると脳の働きが鈍くなってしまう原因にもなります。

2a4727c93881900f893f7108bb4d707e_s

身近な家族や友人でお話をできる相手がいるのであれば一緒に笑えるような話をしてみるようにしたりするだけでも脳の衰え防止につながります。

また気軽に話せる相手がいなくて困っている・・・と言う場合は地域包括支援センターなどにウォーキングもかねて足を運んでみるのもいいですね。

3.水素水で脳を若返らせる

いま老化防止や若返り作用などのある健康飲料として盛り上がりを見せている水素水には外見的な若返りだけでなく今回のような脳の衰えなどについても非常に高い効果を発揮してくれます。

水素分子は細胞の老化を食い止める作用があるので、年齢によって本当に老化し始めている状態も水素水を飲むことで持ち直すことができるようになっています。

P1010633

実際に医療機関でも使われることが増えてきているということもあって水素水が脳の活性化に効果が高いということが社会的にも広く認知されるようになってきています。

将来的な認知症の予防や現在感じている脳の衰えをはやめに改善していきたいという場合は水素水を日常生活に加えてみることを検討してみる価値も十分にあると思います。

どの水素水を選べばいいのかわからないという場合は私が実際に使って評価している水素水ランキングをご覧になってみて下さい。

ちなみに水素水ランキング1位の水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です