健康診断で尿酸値が高いと診断された!自然に改善する方法とは?

会社や学校などで毎年健康診断があるかと思いますが、その診断結果にはいつもヒヤヒヤさせられてしまいます。
特に健康診断で尿酸値が高いというように診断されたらあなたはどうしますか?

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

恐らくその場合「要再検査」などとなってしまって、後から自分で病院に言ったりしなければならない状態となる可能性がありますが、その前に自分で対策できるところはした方が病院にいかなければいけない回数も減らすことができます。

尿酸値が高いと診断された原因は?

健康診断の結果として尿酸値が高いということが診断されたとしても、結果シートには詳しい原因まで書かれているということは基本的にないので結局原因もわからず終いになってしまいがちです。

実際尿酸値が高いのには環境要因として幾つか考えられることは絞られてきますので、まずは以下のような習慣に心当たりがないかどうか確認してみてください。

  • 肉類を食べる機会が多い
  • 海産物を食べる機会が多い
  • 野菜類を食べる機会が少ない
  • 乳製品をあまり摂らない
  • アルコール類を頻繁に飲む
  • ストレスを感じることが多い
  • 激しい運動やトレーニングをする
  • バファリンなどアスピリンの入った薬剤をよく飲む

これらの習慣はどれも尿酸値を高くしてしまう習慣と言われているものです。
もし複数個該当するかもしれない・・・と感じた場合はまず間違いなくそれが尿酸値を高めている原因と考えられますね。

高い尿酸値を放っておくとどうなる?

健康診断で尿酸値が高いということがわかったとしても、いまいち何か改善するために行動するのも面倒で腰が重いと感じてしまう人も多いと思います。

こればっかりは正直私も同感で、再検査に行くのもダルいですし、何か生活を変えたりしないといけないとなるのも面倒で仕方ないことではありますよね。

ただ高い尿酸値をそのまま放っておくとどうなるのかということを知ってしまうと、そうも言っていられない状況になってくるかもしれません。

6d8bdf7fe020d8e88c7a7f501adbcc2a_s

血液中に尿酸が増えるということは、それが関節などにも付着することから結晶化して痛みが出てくることがあります。
またその尿酸による結晶がその他の内蔵などの臓器に付着するとより深刻な合併症などを同時に引き起こしてしまう可能性もあるとのことです。

尿酸値関係でまず注意しないといけないのは「痛風」でしょう。
最近は比較的痛風予備軍とも呼ばれている人は増えており、20〜30代くらいの若い世代ですら年間500〜600万人ほどが該当しているとのことです。

痛風になると足の親指の付け根などが赤く腫れて痛みも伴うことになりますのでそこまでいくとかなり辛いことになるのは目に見えています。

病院へ行く前に尿酸値を正常値へ戻すには水素の力を利用する

というわけでふとしたことから痛風などの辛い症状にもつながる尿酸値ですが、なるべく手間なくスムーズに正常値へと戻してあげるには水素の力を利用するのが効率的であるということが最近の研究で明らかになってきています。

水素の健康への効果は特にいま注目を集めていますが、既に痛風の症状が出ている学生さんに毎日水素水を飲んでもらって尿酸値を測定するという検証もされているようです。

その検証結果として水素水を飲んだ後はグッと尿酸値が下がるというデータが報告されています。
また、水素水には食欲を抑制しつつ体脂肪を下げたりする効果も同時にあるので、痛風だけでなく生活習慣病に関わるような症状を全般的に解消させることが出来るというメリットもあります。

DSC02974

私も実際に高濃度水素水をいくつも飲んできて、その効果を実感している一人です。
以下に、コストパフォーマンス抜群で水素濃度も高い水素たっぷりのおいしい水という水素水を飲んで感じた効果などをまとめてレビューしていますので、詳細はレビュー記事をご覧になってみて下さい。

>>水素たっぷりのおいしい水を飲んだ効果と体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です