パソコン作業をするとすぐ頭痛がする!改善するためのポイントは?

お仕事でパソコンを使って作業をする時間が長い人はたくさんいると思いますが、パソコンを使い始める前までは大丈夫なのにパソコンを使って作業を始めるとすぐに頭痛がするということはありませんか?

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

しかもそういったパソコン作業の影響でやってくる頭痛に限ってなかなか痛みが治まらなくて、結局1日中ずっと頭が痛いままの状態で過ごさなければならない・・・なんてこともありますよね。

なぜパソコン作業をするだけで頭痛がしてしまうのか。その原因と改善するためのポイントとなる点をいくつかご紹介していこうと思います。

パソコンを作業をしてすぐに頭痛がする原因と解消法

1.目や首、肩の疲労

まずパソコンを見始めてから頭痛がするということは原因は目の疲労、そして長時間に渡る作業による首や肩の凝りなどが大きな原因となっている可能性が高いです。

1日の間に何時間もパソコン画面を集中してみなければならないような場合は最低でも1時間に10分程度は画面を見ないで目を休める時間を設けるといったような工夫も必要です。

また目も周りや頭の周辺の筋肉が凝っていることもあるので、適度に指でマッサージしながらほぐしたり、こめかみの辺りのツボを自分で強めに押してあげたりしても痛みが和らぐことがあります。

私の場合は作業に疲れて目や頭が痛くなってきたら、目の疲れを蒸気で癒すアイマスクなどを使って10分くらい休憩をしたりしています。

eyemask

会社で疲れてしまったときはタイミングが合えば、お昼休みの食後の時間くらいに10分だけアイマスクをつけて休憩をしたり、それ以外にどうしても普通の時間につけたくなったらトイレに駆け込んで10分間便器に座ったままアイマスクをつけて目の疲れを癒したりしています。(これは内緒ですよ)

2.ストレスによる活性酸素が脳内に溜まっている

これはパソコン作業をしていてあまり時間が経過していないのにすぐに頭痛がし始めるというような場合は特に可能性が高いと思われる内容となっています。

目安としては席についてパソコンを起動してから10分から30分くらいの間ですでに頭痛の傾向が見初めて1時間以内には完全に頭が痛くなっているという場合になります。

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

普段からストレスに感じることが多かったり、そもそもパソコンを使った作業自体が自分にとって大きなストレスになっているような場合は脳内に大量の活性酸素が溜まってしまっている場合があります。

またストレス以外にもストレスを解消させようとしてタバコを吸ったり、お酒を飲んだりすることも実はストレス自体は緩和できても活性酸素は余計に溜まってしまう原因となっています。

そうすると血管の収縮が激しくなったり、細胞に傷がついてしまって痛みの強い偏頭痛の症状が出てきてしまう場合があります。

普段は隠れている痛みもパソコン作業に戻ったときにそのブルーライトの光を浴びて、ストレスが呼び起こされた瞬間に勢いよく活性酸素が溢れ出てきて頭痛の症状がでてくることも実際によくあります。

  • 脂っこい食べ物
  • 糖分たっぷりの甘いもの
  • インスタントフード類

こういった食事が好きな人はそれも同様に肥満だけでなく活性酸素をためて頭痛を呼び起こすきっかけになりやすいので注意が必要です。

3.頭の中の疲労物質と活性酸素を同時に除去する水素水

パソコンを使って頭痛がする時に頭痛薬や鎮痛剤などを使って対策をする人もいると思いますが、薬に頼って対処をしていると後から副作用などの影響がでてきてしまう可能性も高いのであまりおすすめは出来ません。

そのためとくにパソコン作業で頭痛が酷いというような場合は活性酸素と脳内の疲労物質を同時にかき消すことができるということでその効果が認められている水素水を使っていくのが最適です。

DSC02967

水分補給がてら水素水を飲むだけで頭の中がスーッとすっきりするような感覚になって、頭痛などの症状が治まっていきます。

さらに傷ついている細胞を修復する作用もあるので、頻繁に頭痛に悩まされていたというような場合もよりその効果を実感できるようになっています。

【体験談】の疲れや頭痛に効果大!水素水を実際に使ってみた結果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です