ペットの犬の皮膚病は水素水で治そう!

ペットに犬を飼っているという方も少なくないと思いますが、そんな愛犬が皮膚病にかかっていて悩まされているということはありませんか?

犬が皮膚病にかかってしまうと見ている飼い主側としてもつらいですし、なによりかわいそうですよね・・・。
原因を見つけて何とかして愛犬の皮膚病を治してあげたいというのが飼い主としての心情ではないかと思います。

dc60fa59c3386a1d468e1f8e286f0ce8_s

実はそんなペットの犬の皮膚病には水素水が効果的であるということが最近の研究で明らかになっています。
一度犬の皮膚病が起こってしまう原因などについても再確認していきながらなぜ水素水で犬の皮膚病が改善されるのかということについて考察していこうと思います。

犬の皮膚病が起こってしまう原因は?

ペットの犬のような小動物にとって皮膚というのは人間でいうところの心臓や肝臓などといったような臓器とおなじくらいに重要な器官でもあると言われています。

皮膚は体の中の臓器の鏡であるとされており、ペットの体調や病気、アレルギーなどが表に現れやすいという特徴もあります。

また皮膚病にかかってしまった場合は中々治りにくい場合もありますので、これまで飼い主としても非常に根気と時間を要する問題でもありました。

ではひとつずつ原因を見ていきましょう。

1.アレルギーによる皮膚病

ペットの犬の皮膚病としてでてくる可能性が最も高いのはノミによるアレルギーであると言われています。
人間の子供などもノミによるアトピーがでてくる可能性がありますが、それはペットの犬であっても同様です。

代表的なのは以下のようなアレルギーとなっています。

  • ノミアレルギー
  • 吸引アレルギー
  • 食事アレルギー

人間の場合はこういったアレルギーや花粉症などの影響を受けるとくしゃみなどをするのですが、犬の場合はくしゃみをすることがないのでかゆみとなって皮膚に症状が現れれくる可能性が高くなります。

2.犬もアトピーになる

犬がアトピー性皮膚炎になるということは体の中にその原因があるのですが、やはりかゆみが皮膚に表れてきます。

犬がアトピーになってしまう原因となるのは花粉やカビ、ハウスダスト、ダニ、皮膚から出てくるフケ、鳥の羽などが挙げられます。

酷くなると全身にかゆみが出てくる場合もあります。

3.皮膚の乾燥によるかゆみ

犬が皮膚病になるとノミやダニなどの外部寄生虫や、皮膚の細菌感染、アレルギーなどが原因となってかゆみがでてくることがあります。

さらに皮膚が乾燥していたり、水分不足の状態が続いているとそこが原因となってさらにかゆみの症状が悪化してしまうこともあるそうです。

自宅の生活環境としての空気がいつも乾燥していたり、気温が高い状態になっているということなどの環境要因であったり、生活自体に変化が少なく犬が退屈していることが多いとストレスが溜まってしまってそこから症状が悪化してくる場合もあります。

水素水を使ってペットの犬の皮膚病を解消しよう

人間も健康維持のために水素水を使っている方が最近増えていますが、水素水にはアレルギー症状を抑制する作用があります。
これは水素が活性酸素を除去することで細胞が酸化してしまうのを食い止めるという働きがあるからです。

実際に水素水には花粉症などのアレルギー反応に対する効果もあるとされており、しかも即効性もあるといういことでそういった理由から使っている人も増えてきています。

そしてその水素水の効果は人間だけに効くというわけではなく、ペットの犬であっても同様にアレルギーに対する免疫力を上げる効果があるということになっているんです。

DSC02972

犬に対して水素水を使う際は、飲ませると言う方法と、患部に水素水をかけてあげるという方法があります。
水素水は直接犬の肌にかけてあげても効果があるので2つの方法で対処してあげた方が効率よく症状を抑えることができるかと思います。

薬品による治療というわけではありませんので、必ずこれで症状がすぐに収まるというわけではないですが高い確率で犬の皮膚病を抑えることができる有効な手段と言えるのが水素水です。

もし犬が皮膚病やかゆみで苦しんでいるようであれば水素水を使ってみるのもいいかもしれないですね。

犬の皮膚病にも適している水素水はこちらです。

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です