ph値とは?水素水を判断する基準と数値が表す意味

_1040497_2

水素水を購入するとパッケージや缶の裏側にはph値という数値が書かれていることがあります。

案外この数値を見ても高ければ良いのか低ければいいのかということすらもわからず、そもそも何のための表記なのかすら不明という人も多いのが現状ではないかと思います。

ただこの数値にはしっかりと意味があるので、カタログスペックから水素水の優劣を決めるための一つの基準値になることは確かです。

今回はPH値とは一体何を表している数値になっているのかという点と、水素水における理想的なph値についてまとめていこうと思います。

水素水におけるPH値とは

ph値というのは水質が酸性なのかアルカリ性なのかを判定するための数値です。日本語に直すと水素イオン濃度等と言われるものになります。

ph値は飲みやすさだけでなく水素水の持つ抗酸化作用などの健康効果をも左右します。

ph値は高いのと低いのではどちらが優れているのか

ph値は数値が低いと酸性の傾向が強くなり、数値が高くなるとアルカリ性が強くなるものとなります。

酸性が強いということは体の中を酸性にしてしまうので老化などの原因になってしまいます。参考までに雨水のph値については一般的に5.6ほどであると言われています。

飲むことが出きる水道水の基準値は5.8〜8.6の間の範囲になりますが、5.8に近いということは雨水に近い酸性の数値であるということでもあるので、健康にはよくないことがわかりますね。

そのため水素水においてもこの範囲内であれば低いよりは高い方が優れているということができます。

ph値は高ければ高いほど良いの?

ph値が低いと酸性が強くなるので体に良くないということですが、限界値である8.6付近になるまで高い方がいいのか?という点も気になりますよね。

これについては実は高ければ高いほど良いというわけでもありません。

酸性に寄り過ぎると酸っぱい味になって体にも悪いですが、逆にアルカリ性に寄り過ぎると苦い味になってきて皮膚などを溶かしてしまう危険性も出てきます。

そのため水素水においてもph値は単純に高ければ良いというものではないということです。

水素水の理想的なph値は?

では水素水の理想的なph値は一体どのくらいなのか?もっとも理想的で体にいいとされるph値は弱アルカリ性に分類される7.4前後であると言われています。

ほとんどの水素水には水素濃度の他に今回紹介したph値、そして酸化還元電位などの表記がされています。

誰にでもわかりやすいのが水素濃度が高いかどうかというところだと思いますが、今回のph値もしっかり弱アルカリ性である7.4に近いかどうかという点もしっかりと確認して購入を検討していくのが最も理想的です。

ph値と水素濃度のバランスが取れた水素水

当サイトではこれまでに100種類を超える水素水を実際に購入してどの水素水が優れているのか検証を繰り返してきました。

一般販売されている水素水の中では仙寿の水という水素水が今のところスペックと実際の数値の差異の少なさなどから評価できると判断しています。

 

仙寿の水のph値は7.3というこで理想的な弱アルカリ性の数値になっていますし、水素濃度は非常に高濃度であり水素水の限界水素濃度でもある1.6ppmになります。

全体的にバランスが取れた飲みやすい水素水に仕上がっているので、水素水をこれから選ぶなら仙寿の水が良いのではないかと思います。

まとめ

今回は水素水の指標の一つでもあるph値にはどんな意味があるのかというところから、理想的なph値や選ぶべき水素水についてお伝えしてきました。

何も意味を知らずに安いからという理由などで適当な数値の水素水を飲んでいても実は水素濃度も低くてph値のバランスもよくないことがあるので、今回の内容なども踏まえて少しでも期待通りの水素水としての効果が得られるものを選んでいくのがいいでしょう。

おかしな数値になっていないか。ph値についてはo.1違うだけでも大きな違いになるのでしっかりとチェックするようにしていくのが理想的です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です