ロキソニンでも頭痛が治らない3つの理由と対処法は?

激しい頭痛に襲われたときの強い味方であるロキソニン。頭痛持ちの方は必需品といってもいいくらいに欠かすことができない存在になっているのではないでしょうか。

私も学生時代からかなり頻繁に頭痛の症状がでてしまってその度に当時はバファリンなどを使いながらなんとかその頭痛と戦っていました。

3153c092af2324844a2bcd5b36808f82_s

最近ではロキソニンを突然やってっくる頭痛の対策として使うようになり、大抵の痛みはそれで十分対処することができている状況が続いていました。

しかし、ロキソニンを飲んでも頭痛が治らないということが最近になって増えてきており、このままではいけないかもしれないということに気がついたのでなぜロキソニンを飲んでも頭痛が治らないのかその理由について調べてみました。

ロキソニンを飲んでも頭痛が治らない理由

ではここからなぜ今まで治っていたはずの頭痛が治らなくなってしまったのかという理由について解説していきます。

1.ロキソニンの耐性がついてしまった

ロキソニンはいわゆる鎮痛剤に該当する薬となっています。頭痛だけでなく喉の炎症による痛みであったり、生理痛などといったような体のあらゆる箇所の痛みを緩和させたり、炎症を抑えてくれるというのが主な効果になります。

しかし、万能のように見えますが、あまり飲む頻度が多いと薬に対する免疫が体内にできてしまいます。
そうなってくると同じ程度の頭痛の症状で同じ量のロキソニンを同じタイミングで飲んだとしても効果が薄くなってしまって痛みが治まらないようになってしまうという場合があります。

2.ロキソニンでも抑えられない頭痛の症状になっている

ロキソニンはある程度頭痛の痛みを緩和することができる薬ではありますが、そもそもの頭痛の痛みが大きくなりすぎてしまっているためにロキソニンによる鎮痛能力では不十分となってしまっている可能性もあります。

普段からストレスが多かったり、規則正しい睡眠を確保できていないような場合はロキソニンでも抑えれらないような強い頭痛をちょっとしたことで起こしてしまう引き金を引いてしまうリスクが高まります。

とくに脳内に活性酸素が溜まっているような状況で強めのストレスを長時間感じてしまうようなことがあると、その影響で脳内の血管に傷がついて脳内出血を起こしてしまうことがあります。

治らない痛すぎる頭痛は出血してしまっていることも考えられるので普段からストレスを溜めこまないようにしたり、活性酸素を蓄積してしまうことがないように注意する必要があります。

3.偏頭痛になっている

偏頭痛はロキソニンでも効果が出にくい頭痛と言われています。痛みが出始めるよりも前に予防するような形で飲んでおけば多少の効果は見込めるのですが、すでに偏頭痛による痛みが出始めてからでは飲んでも治らないことが多くなっています。

偏頭痛はロキソニンでも太刀打ちすることができない場合が多いので、あまりにも現状の症状が治らない場合は早めに一度病院で診察を受けてもらって点滴などを打った方がいいです。

頻繁に偏頭痛になると言う場合は、体質から改善しながら偏頭痛がそもそも起こることがないようにしていかなければ薬の常用などによる副作用なども心配な状態になります。

ロキソニンでも頭痛が治らない時の対処法

ロキソニンでも頭痛が治らない時は痛みを紛らわすよりも、頭痛が起きてしまっている根本的な原因を見つけてそこから対処していくのが最も理想的な方法となります。

頭痛や偏頭痛などを引き起こしている要因となっているものの一つに脳内にたまっている活性酸素の存在があります。
その活性酸素を除去することができれば、少なくともこれ以上頭痛が酷くなることはなくなっていきます。

最近では病気の治療などにも使われている水素水を飲むことでそんな活性酸素を除去することができますし、脳内や血液中の老廃物などを体の外に出してあげることができるので症状の改善が早まります。

【体験談】水素濃度が高くて活性酸素除去に効果的な水素水を実際に飲んでみた結果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です