成長痛でひざが痛い!適切な対処方法は?

全員に起こるわけではないのですが、結構な割合の子どもが成長痛と呼ばれる症状によって辛い状態が続いていると思います。

成長痛になるとびっくりするくらいに足やひざが痛くなるので立ち上がるのも歩くのも嫌になってしまうので誰かに助けを求めたくなるくらいにひどい症状が継続していきます。

成長痛は大体は12歳未満の小児に起こりやすい症状であり、特別な原因はないのに夜間に急激にひざに急激に痛みが生じるようになって、翌朝になるころには不思議とその痛みが治まっていて普通に歩くこともできる状態まで回復しているという症状の疾患です。

5cf9d2d86c3b8b8fda485b01e1714077_s

日中は回復しているだけに夜間に症状がでてくるのが段々怖くなってきて眠ることすらできなくなって来たり、ストレスが溜まって精神的に追い詰めらてくる子どもも中にはたくさんいます。

親の立場としては何とか子どもの痛みや苦しみから守ってあげたいという気持ちがある一方で適切な対処方法に苦慮されている方も少なくないのではないかと思います。

今回はそんな成長痛でひざが痛い場合の対処方法についてまとめていこうと思います。

成長痛が起きてしまう原因は?

子どもはまだ筋肉や骨、間接などが発達しきっていない状態であるにも関わらず、活発に外で活動して動きますよね。
なのでその分だけ疲労感が溜まってしまって痛みの原因となってしまうと考えられます。

子どもは疲労感などを無視してでも日中はとにかく遊びまわったりします。
そうすると日中は痛みや疲れを感じなくても夜になると後からその疲れなどがどっと押し寄せてくるという場合もあります。

その他体力面だけではなく、学校などでの人間関係などがうまく行っていなかったり、学業などでストレスを感じてしまっている場合。
もしくは家族間のやり取りがうまくいっていなくてそれがストレスの原因となってしまっているということもあります。

ストレスが溜まると子どもであっても体内には毒素となる活性酸素が溜まってきて、それが体力の回復速度を遅くしたり、筋肉の発達を阻害してしまうということもあります。

成長痛を解消するための適切な対処方法とは?

それではそんな辛い成長痛を少しでも和らげて解消させていくにはどうすればいいのでしょうか。

基本的には子どもは成長に伴って精神年齢も上がっていくので、大きな心配は要らないはずです。
しかし、あまり長く症状が続いてしまうようであれば放っておけないのが親の心理ですよね。

成長痛はストレスや精神的な要因が強いので痛みがあるというところに軟膏を塗ってあげたり、さすってあげるといったようなスキンシップをすることでも多少は効果はあるとされています。

また、ストレス要因で血行不良になっていたりする場合もあるので子どもであっても体内の環境をリセットする目的でデトックス作用のある水素水などを使うのも一つの手です。

水素水には体の代謝を促したり、成長を促進する働きがあるので今回のように成長痛でひざが痛いというったような状態で苦しんでいる子どもの痛みを和らげるために活用することが可能です。

水素水を使って体の毒素を綺麗に洗い流してあげると、気分もスッキリしてくるので早い段階で辛い症状が改善される可能性もあります。
もしお子様が成長痛で苦しんでいて対処方法に困っているような場合は水素の力を活用してみるのもいいですね。

最も費用対効果の高い水素水!水素たっぷりのおいしい水の効果と体験談はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です