生理前にいつも食欲不振で気持ち悪い状態になる原因とは?

生理前となると女性はいつも何かしらの体調不良を起こしていたり、普段とは違った体調になってしまっていることによるストレスで悩まされることが多くなります。

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

とくになぜか生理前になると食欲不振となってしまって吐き気がしたり気持ち悪いというような状態になってしまってそこから栄養失調気味の倦怠感だったり、食べていないのに吐き気が止まらないというような症状につながってしまうこともあります。

食欲に関しては逆に増進してしまうという人もいるなかで、今回のように食欲が減退してしまうのはなぜなのでしょうか。
食欲が増してしまう人からすると太らないからいいじゃん!と言われそうですが、食欲不振になってしまうのもそれはそれで様々な問題があるので一概に食欲増進してしまうよりもマシだとは言い切れないところがありますよね。

なぜいつも生理前になると食欲不振になってしまったり、吐き気がして気持ち悪いような状態になってしまうのか。
その原因と実用的な対処方法について解説していこうと思います。

ホルモンバランスの崩れが食欲不振の原因に!

女性の体の内部にはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類の女性ホルモンが口語に分泌されながら生理周期を作りだしているという特徴があります。

どちらかと言うと生理前は排卵後の妊娠の準備をするためにプロゲステロンの分泌量を増加させていくことで体内に必要となる栄養素をたくさん貯蓄していこうとする動きがでてきます。

そうなると普通は食欲が増してしまうことの方が多いので、生理前にたくさん食べたくなってしまう人の方が割合としては多いというのが現状です。

しかしホルモンバランスが乱れ始めることによって疲労感や頭痛、情緒不安定といったようなストレスが同時に重なり始めてしまうことからそこから何かを口に入れたりするだけでも食欲不振になってしまうことがあります。

乱れたホルモンバランスを整えつつ体力や免疫力を回復するには?

食欲不振になっているからといって極端なまでに食事量をへらしたりすると体内の栄養バランスが乱れてしまったりすることから不快な体の症状が増えてしまいやすくなってしまいます。
参考までに生理前や生理中に関しては下記のような成分が含まれる食材を使って栄養バランスがしっかり整えているようです。

  • 鉄分
  • ビタミンE
  • マグネシウム

これらの成分は腸内環境を改善していったり、子宮の血行を良くすると言った作用があるので血行がよくなってホルモンバランスの乱れが改善されていきます。

またどうしても生理前ということでやってくる精神的なストレスなどは体内に活性酸素と溜めてしまう場合があるので、それが原因となって吐き気や気持ち悪い状態を作ってしまっている場合もあります。

症状を改善させていくにはまずはホルモンバランスをできるかぎり正常値に戻すようにしていくこと、そして体内の活性酸素を取り除くようにしていくということが重要です。

水素水で生理前の食欲不振を改善しよう

今回のように生理前に食欲不振や吐き気などで苦しんでいるような場合は、食事で鉄分、ビタミンE、マグネシウムなどを補うようにしましょうと言いたいところですが、実際はそれよりも活性酸素を除去することができる水素水を使った方が高い効果を得られるようになっています。

水素水のもつ抗酸化作用は非常に強力かつ、ピンポイントに体に悪影響を与える成分のみを還元することができるので生理前の食欲不振やそこからの影響を受けてしまう体調不良等に関してもじっくりと解消していくことが可能です。

症状を根本から改善して悩みのない快適な生理前を過ごせるようにしていくには水素水を使って体質改善をしていくのが効果的です。

生理前にも効く!水素水を飲んでみた本音効果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です