咳が出そうで出ない!苦しい症状の本当の原因とは?

咳が出そうで出ないような状況になって苦しいということはありませんか?
咳が出る前兆のようなものを感じ取って何となく喉の辺りがむずがゆくなってきてしまうようなこともあると思います。

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

一度症状が出てきてしまうとそれが気になって仕方なくなるので他のことに集中することができなったりしますし、寝る前などに症状がでてくると辛すぎて眠れない時間が長くなってしまって不眠気味になることもあると思います。

このような咳が出そうで出ないという苦しい症状が起こってしまう原因はどこにあるのか。
そして少しでも早く確実に症状を改善するためにはどうすればいいのか解説していきます。

気管支炎の可能性について

とくに風邪などになってしまっていたり、何かのウィルスに感染してしまったというわけでもない。
それなのに咳が出そうになるということは風邪やウィルスなどが原因ではなく気管支炎になっている可能性があります。

気管支炎というのは口と肺の間のあたりに位置している気管支というところに炎症がおきてしまっている状態で、咳が出たり咳が出そうになる呼吸器関係の病気の一種となっています。

気管支炎については年齢はとくに関係ないと言われているので子供から大人まで誰でもかかってしまう可能性がある病気になっています。

この症状を放置しているとどんどん重症化してしまうリスクが高くなっていくので具体的な原因をつきとめて症状を改善するように生活を改める必要がでてきます。

気管支炎になってしまった原因とは?

咳が出そうで出ないと言う場合は軽めの気管支炎になっているか、気管支炎の前兆のような状態にある場合がたかくなっています。

原因となっているのは生活習慣の乱れなどによる免疫力の低下と、免疫力が低下している状態の体にライノウイルス、インフルエンザ、パラインフルエンザ、アデノウイルスなどのウィルスが何らかの拍子に入り込んでしまうといったところになっています。

ウィルスが入り込んでしまうのは外出先で人の咳から飛散した菌が目や鼻や口などのどこかから入り込んでしまったりする可能性は十分にあるので外に出る頻度が多い人ほど感染の可能性は高くなります。

しかし免疫力が低下していなければ菌が入ってきても即座に異物とみなして体の外へと追い出すことができるようになっているのですが、免疫力が落ちているとそれができません。

免疫力を高めて気管支炎を改善し再発を防止しよう

免疫力がなぜ下がってしまったのかというところに心当たりはありますか?

最近とくに免疫力の低下の原因になると言われているのが体内に溜まっている活性酸素の存在です。
活性酸素は以下のようなごく普通の生活習慣の中でも溜まることがあり、簡単に溜まってしまうわりにその影響力が大きいことから問題視されています。

  • 喫煙や喫煙者による副流煙
  • 毎日慢性的に溜まるストレス
  • お酒を飲む頻度の高さ
  • 添加物の多い食生活

これらはどれも活性酸素を溜めてしまう行動ですが、食生活やストレス、副流煙などについてはあなたの意思とは関係なくいつの間にか影響を受けてしまっているということもあるので対処が難しいところでもあると思います。

このような原因から活性酸素が体に溜まってしまうとどんどん免疫力が落ちていくのでウィルスなどに対抗する力がなくなっていきます。

そのため対処をするのであれば活性酸素を除去することができる水素水を使っていくのが理想的です。
水素水には強力な抗酸化作用のある水素分子が含まれているので早い段階で咳が出そうで出ないといったような苦しい症状を根本的な原因から解消していくことができます。

(注目記事)気管支炎に効く!水素水を実際に使ってみて感じた本音の効果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です