神経からの頭痛で痛みが取れない!適切な対処方法とは?

仕事や私生活でストレスを抱えていると神経からの頭痛が酷くて痛みがいつまでも取れない状態になってしまうことがあります。

67a1100cd2bbd705444382bafa1dc5aa_s

ストレスが溜まっていること自体は自分でも薄々気づいていたのに、自分以外の人も同じ状況で頑張っているんだから自分ももっと頑張れるはず!といったように自らを追い込んでしまってさらにストレスを溜める結果になってしまうというケースもよくあります。

そうすると神経からの頭痛はさらに悪化したり、体には倦怠感や吐き気など様々な不調が出てくるようになってしまいます。

あまり頭痛や痛みがある状態で無理をすると思考能力も低下してきますし、動くことすらできなくなることもあるので注意して対処していかなければいけません。

神経からの頭痛は薬を飲んでも治りにくい

普通のちょっとした頭痛であれば頭痛薬などの市販の薬でもある程度その場の痛みに対して対処していくこともできるのですが、神経からきている頭痛の場合はなかなか薬も効きにくい場合があります。

せめて健康的に頭痛を緩和したり、すぐにではなくても神経からやってくる痛みなどを抑えつつ体質を改善できればいいのに・・・と考えている人も少なくないでしょう。

とくにこの神経からくる頭痛の場合は緊張型頭痛と呼ばれるものや、自立神経の乱れによる頭痛であると考えられます。

主な要因は精神的や身体的なストレスなどによって活性酸素が増大したり、セロトニンが不足することとなっています。

活性酸素は細胞を傷つけるので溜めないことが重要

ストレスは活性酸素を大量に生み出すということは先ほどお話しましたが、活性酸素が増えると脳内の細胞を傷つけたり脳への血流を妨げる要因になる場合があります。

すると脳細胞のミトコンドリアが栄養や酸素が血液から送られてこなくなるために働くことを放棄するようになります。

大量に放出されてしまった活性酸素はさらに脳の神経や血管、そして細胞などに傷をつけて炎症を起こさせてしまうようになっていきます。

すると今回のような神経からくる激しい頭痛や耐え難い痛みを誘発してしまうという結果につながります。
この流れをストップさせるためにはそもそも活性酸素が溜まらないようにするか、活性酸素が発生しても悪さをする前に除去するなりして対応していくという姿勢を持つことが重要となります。

水素水で活性酸素の対策をすることが症状改善への近道

今回のような薬でも治りにくい神経からやってくる頭痛などの痛みがある状態は原因をしっかりと把握して適切な対処をしていくことが症状を早く解消するためには必要となります。

ストレスが溜まっている自覚がある場合はなるべくストレスが溜まらないようにするという事も重要ですが、すでに溜まってしまった活性酸素を除去していくためにも水素水などを使いながらその還元作用を活用していくことが大切です。

DSC02973

水素水には体に害があって悪事を働いてしまう悪玉活性酸素だけを還元させることができるという効果があるので、余計な副作用などなくスムーズに痛みや頭痛の根本的な原因を消すことができるようになっています。

飲みにくいということもないですし、飲み心地は普通に美味しいミネラルウォーターと変わらないので精神的にも負担なく飲むことができるので無駄なく効率的に神経からの頭痛や痛みを解消することができます;。

薬の副作用が気になっていたり、頭痛薬を飲んでも症状が改善されない・・・と言ったときは水素水を飲みながら頭痛体質を改善していくことをおすすめします。

【写真あり】頭痛や神経痛などに効果的!人気の水素水を実際に飲んでみた効果まとめ

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です