頻繁に視野がぼやけるのは病気なの?知らないと怖い真相とは

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

眼精疲労とはまた少し違うのになぜか視野がぼやけるということはありませんか?

目がチカチカしたりショボショボするような症状だと単純に目の使いすぎだったり、パソコン画面やスマートフォンなどのブルーライトの影響で眼精疲労になってしまっているとすぐにわかるはずです。

ただそういった眼精疲労的な症状ではなく視野の一部が何故かぼやけるような状態になってくると「あ、これはもしかしてヤバい病気なのかな?」と一気に不安が出てくると思います。

視野がぼやけるのは病気の可能性も?

単なる疲れとは違って目の病気になると怖いのは最悪の場合は目が見えなくなってしまう場合もあるということに他ならないですよね。

体調が悪いわけでもないし、目をそこまでひどく酷使しているというわけでもないのに視野がぼやけることがよくあるとなると以下のような病気になっている可能性もあります。

1.白内障の可能性

基本的には加齢による影響で水晶体が濁ってくると視野が全体的に白っぽいモザイクでもかかったかのように見えてしまう症状がでてくることがあります。

驚くことに80歳を超えてくるとほとんどの方がこの病気になっているとも言われているわけですが、早い場合は30代くらいから症状が現れることもあります。

もし白内障になってしまったのにそのまま放置していると失明する可能性もあるということで非常に怖い病気ではありますが、きちんと対処をすれば失明をする心配はほとんどありません。

ただ問題なのは薬で完治する病気ではないので、発症してしまうと手術をしなければ視野が元に戻ることがないということです。

そのため少し視野がぼやけるかも・・・というくらいのまだ白内障にかかるかどうかくらいのタイミングで予防策をとっておくことが手術を避けるためには一番重要なポイントとなります。

2.緑内障の可能性

視神経に何らかのトラブルがおきて障害が発生することで視野がぼやけ始めるのが緑内障という病気です。
白内障と違うのはこちらの緑内障の方が症状の進行スピードがかなり遅いということです。

ゆっくりと時間をかけて少しずつ視野がぼやけるようになっていくので、なかなか自分の症状に気づくことがないと言う問題があります。

こちらも白内障と同様ほうっておくと失明してしまう危険性がある怖い病気なわけですが、症状が現れるのが遅くて進行スピードもゆっくりなのでまさか自分が緑内障にかかっているわけがないだろうというように感じている期間が長くなってしまいがちです。

3.ドライアイの可能性

ドライアイと聞いても目がちょっと乾いたりするだけで病気ではないのでは?というイメージを持っている方も案外多いのですが、これもれっきとした病気です。

1c6c422a7d7e1bbd382a19529510dffa_s

何らかの原因によって本来は目の表面を保護するために分泌されるべきである涙の成分が欠乏してしまうことから目の表面が乾燥してキズがついてしまうという状態になる病気となっています。

ドライアイが原因で頻繁に視野がぼやける状態になっている場合は視野の問題だけではなく同時に異物感がしたり、目がゴロゴロするような不快な感覚になる事が多いので症状には気が付きやすいという特徴があります。

症状を改善させるにはどうすればいいのか

いずれの病気であったとしても、目を大切に保護しながら症状と向き合っていかなければ目が見えなくなってしまう可能性もあるというところが問題です。

目が見えない生活なんて想像できますか?もしも今は普通に見えていたとしても将来的に見えなくなってしまう胃のであれば何を楽しみに生きていけばいいのか分からないくらい辛いですよね。

そうならないためには自分でできることからしっかりと目を保護するようにして生活を送る必要があります。

目は適度に休ませる

パソコン関連の仕事をしていたりすると1日中ずっと画面を見続けるような生活をしてしまうこともあると思います。もちろんこれは目に悪いですし、病気の症状を悪化させる原因になるので、最低でも1時間ごとに15分程度の休憩を取るようにするなどして目を酷使しないようにしていくのがポイントです。

目の回りの血行を促進させる

視野がぼやけることが多いと感じたらできるだけ目の血行を促進させるためにアイマスクや蒸しタオルなどを使って目を温めながら筋肉のコリや緊張状態をほぐすようにしていく必要もあります。

逆に目が充血していたりなんとなく痒みがあると感じる場合は今度は冷えたタオルなどを使って適度に刺激しながら冷やしていくと効果的です。

体の内側から血行を促進して若返る水素水を使う

アンチエイジングや老化防止などで使われる事が多い水素水は体全体に働きかけながら血行を促進していくので、今回のような目の問題についても好影響を与えてくれるようになっています。

頻繁に視野がぼやけるような病気になるのは実年齢的にはまだそこまで年をとっていなかったとしても体の中身が老化し始めていることの現れでもあります。

P1010637

そのため水素水を飲むようにして体内年齢を若返らせていきながら血行を効率よく促進していくようにすることで視界がぼやける症状が悪化する前に解消することができます。

水素水を飲んでいるとすぐに頭の中がすっきりしてくる感覚が味わえるようになるのですが、これは脳内の活性酸素や老廃物が除去されて余計なものがない綺麗な状態に変わっている証拠です。

症状が悪化して手術なしでは視野がもどらないようなレベルになる前に改善したい!という場合は水素水を使って対処をする価値は十分にあります。

>>一番人気の水素水を実際に取り寄せて使ってみた!水素水の購入体験記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です