外に出ると咳が出るのはなぜ?体質から改善するための最善策

家の中にいればそうでもないのになぜか外に出るとすぐ咳が出るというようなことで悩んでいませんか?それも外に出て少し歩いたくらいですぐに咳がではじめてなかなか止まらなかったりすることもあるのでかなり気になってしまいますよね。

27d9dbb468f90e89fbf0e3f9e217d94b_s

一人で歩いているだけならまだ何とか騙し騙しで耐えることも出来ると思いますが、誰かと話ながら歩いていたりすると咳が頻繁にでてしまったりして相手にも迷惑をかけてしまうことになりかねません。

別に風邪を引いたりしているわけでもないのに外に出ると咳が出るのはなぜなのか。その原因と体質からしっかりと改善していきながら外に出ても咳が出たり止まらなくなってしまうことがないようにしていく対処法について解説していこうと思います。

外に出ると咳がでる原因とは?

外に出るとすぐにゴホゴホと咳がではじめて止まらなくなってしまうような場合は外部の空気の問題もありますが、その空気に耐えられなくなっている自分の体の中にも問題があります。

特に外に出るとすぐに咳が出るような状態がもう何週間も何か月位も続いてしまって慢性的な症状ともいえるような状態になっている場合は注意が必要です。

  • 気管支が弱くなっている
  • 肺が炎症を起こしている
  • 喘息になっている
  • アレルギー反応による咳

とくに風邪をひいているような時でなくても外に出るたびに咳が出てしまうような方は上記のようなところが原因となっている可能性が高いです。

ではそもそもなぜ気管支が弱くなったり、肺に炎症を起こしたり、喘息やアレルギーになってしまったのか。
そこを見ていくと共通しているのは免疫力が低下しているというところにあります。

免疫力が下がっていると通常時は免疫機能の働きによって守られている気管支や肺が守られなくなるので吸い込んだ空気に含まれる不純物などにすぐに反応してしまって咳がでてしまうこともあります。

b850b76b720010a7bca457a714d3b884_s

免疫力が落ちている間にダニなどのアレルギー物質が体の中に入ってくるとさらに炎症細胞が活発化してしまうために、気管支の周辺や肺で炎症を起こしてしまう場合があります。

炎症を起こした気管支や肺は空気中に含まれるホコリなどにも弱いので、外に出た時にまっているホコリや細かい細菌などに対して敏感に反応をするので咳が出ます。

改善するには免疫力を回復させる必要がある

外に出ると咳がでるような状態を治していくためにはまずは低下している免疫力を回復させるようにしていくのが先決です。

そもそもなぜ免疫力が低下しているのかというところをみると、慢性的な睡眠不足やストレス、食事の偏りなどの影響で体の中に疲労物質や老廃物を増やしてしまうと言われる悪玉活性酸素が増加してしまうというところに原因があります。

そのため現状たまっている悪玉活性酸素を何とかして除去していきながら、体の中に老廃物や疲労物質などがない綺麗な状態を作っていくようにするのが理想的です。

悪玉活性酸素を除去していく抗酸化作用が強いと言われる水素水を飲みながら体の中を綺麗にデトックスしていくのが最も効率の良い対処方法となります。

P1010634

水素水には低下している免疫力を向上させる働きもありますし、一度体の中をリセットする感覚で老廃物や疲労物質などを全てきれいさっぱり尿として外に排出することができるようになっています。

そのため外に出ると咳が出るような体内環境を完全に切り替えていくことができるので、咳がすぐに出るような症状自体が起こらないようにになってきます。

もちろん薬ではないので副作用などの別の気になる症状が出てきてしまうようなこともないので使いやすいというところもメリットの一つです。

実際に水素水を飲んでみて感じた効果などはこちらにまとめています。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です