ストレスで空腹なのに食欲がない!つらい症状や吐き気の対処法

大きなストレスを抱えるようなトラブルに巻き込まれてしまったり、常に細かいストレスを感じるような状態が長く続いていたりするとなぜか空腹なのに食欲がないという状態に陥ってしまう場合があります。

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s

夜もお腹の中が空っぽでそれが気になってしまうために眠れなくなったりすることもありますし、きちんとした食事を摂ることができない影響で栄養失調になってしまわないかと言う心配も出てくると思います。

さらに空腹かつ食欲不振気味になった影響からか酷い吐き気などに襲われてしまうというケースもあります。
どうやってこの辛い症状を改善していけばいいのか、解説していきます。

ストレスから空腹なのに食欲がない状態につながる流れは?

とくに人間関係のぎくしゃくしたトラブルだったり、仕事関係の大きなトラブルなどがあるとどうしても自分の中で抑えきれないくらいのストレスにやられてしまうことがあります。

人間なのでどこかでストレスは感じるものですが、そのストレスが大きすぎると今回のように空腹なのに食欲がないというような状態になってしまう場合があります。

空腹感がないのであればそこまで大きな問題ではないと思うのですが、このように食欲不振状態と空腹感が同時にやってくるというところがやはりつらさの原因になってくると思います。

ストレスを感じると胃腸の働きが鈍くなり、麻痺してくることがあります。
そうするとお腹の中が空っぽで空腹感はあるにも関わらず、胃腸の働きの低下の影響によって食欲はなぜかわかないという不思議な症状に陥ってしまうのです。

無理をして食べてると吐き気を感じることも

食欲不振にも関わらず空腹は感じるからと言って無理に何かを食べようとして口に入れてみることもできるとは思います。しかし、結局それで何かを食べたとしても満たされるというよりは気持ち悪くなって吐き気がするということの方が多いでしょう。

空腹感を感じつつもしばらく食べれていない状態がつづいていたことで胃腸の働き自体がすでに正常には行えないような状態になってしまっているところに急に食べものを詰め込むと胃腸がびっくりして吐き気に変わってしまうようになります。

この場合の対処としては無理に食べものを口に入れるのはNGなのです。

食べものの前に水素水を体内に入れると効果的

この症状が続いているようであれば、今ダイエットや美容だけでなく病気などの治療にも使われることが増えている水素水を使ってみると効果的です。

水素水には水素が含まれているのですが、その水素分子が体の中のいたるところまで浸み渡っていくような形で、問題を起こしている胃腸にもしっかりと届いていきます。

DSC02972

すると低下していた胃腸の働きが水素の抗酸化作用によって活性化してくるので、空腹感を感じつつ食欲も戻ってくるようになります。

そのため先に水素水を飲むようにしていきながら少しづつ何かを食べるようにしてけば症状を早い段階で抑えることが可能です。

ストレスで空腹なのに食欲がない!という困った状態になっているときは水素水を使って症状を抑えるようにしていくと悩みの改善が早くなります。

(注目記事)食欲不振やストレスによる影響に強い!水素水を使ってみた本音

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です