ストレスで舌がしびれる!症状を早く改善させるには?

最近ストレスを感じることが多くて舌がしびれるような症状に悩まされているということはありませんか?
あまりに舌がしびれてくると少しづつ痛みを伴うようになってきたりして辛くなってきますし、食べ物を食べた時に味覚がマヒしたような感覚で味がよくわからないような状態になってくることもあります。

a5e87efa90a8db06d32b366441413cd7_s

ストレスを感じていない時はそこまで症状がでないのに、明らかに心理的に負担が大きくなってきてストレスに感じてきはじめたりするタイミングで舌がしびれはじめるとなると日常生活で支障をきたすこともでてくるので中々大変なところもありますよね。

なぜストレスから舌のしびれなどの症状につながってしまうのかというところと、少しでも早く症状を改善させるためにはどうすればいいのかという点について解説していきます。

ストレスで舌がしびれる原因

実はこのストレスで舌がしびれるという症状ですが、女性に起こりやすい症状であると言われています。
年齢が上がるについて発症確率が高くなっていく傾向にあり、40代以降の女性になるとその発生頻度としては12%から18%もあるとのことです。

加齢によってホルモンバランスが乱れてきたり、自律神経のバランスが大きく崩れてしまうことをきっかけとしてこのような症状に発展してしまう人が増えてきています。

特に以下のような出来事などで非常に強く大きなストレスを一気に浴びてしまったときに舌がしびれるような症状が多くなってきます。

  • 恋人との喧嘩、別れなどのトラブル
  • 家族の死別
  • 子供の独立
  • 仕事の忙しさやミスなどのトラブル
  • お金がないなど金銭面の不安

このような突然やってくる大きなストレスを一気に抱えてしまうことによって心因性の神経痛によって舌に痛みやしびれなどといったような症状が出てくるようになります。

舌の感覚神経にストレスから何らかの悪影響を与えてしまっているのが原因となっています。

慢性的なストレスも舌のしびれに影響あり

一番はやはり突発的かつ大きなストレスによる影響なのですが、実は自分で意識していないレベルの小さなストレスでも毎日のように感じていたりするとそこから体の中に活性酸素が溜まるようになり、その影響で神経が正常に働かなくなってくるというケースもあります。

見た目に傷などがついているわけではないので、外見としては全く問題はなかったとしても活性酸素が溜まっていると神経を守る免疫機能が働かなくなってきてしまうので神経に傷がついたりしてしまうことがあります。

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

脳内の神経などは少しだけ小さな傷がついてしまったくらいでも指先が動かなくなるくらいに大きなトラブルに発展することもあります。

そういった場合は脳内に溜まった活性酸素を取り除いていきながら神経を自然治癒していくことで症状を改善させるようにしていく必要がでてきます。

舌のしびれを効率重視で改善するには?

それではストレスによって舌がしびれるという症状をどのようにして改善していけば最も効率がいいのかというところについてまとめていきます。

ストレスをそもそも感じないようにしたり、ストレスを解消させるようにしていくのが早いのですがそれがすんなりできないからたくさんの人が困っているんですよね。

医者にいっても痛み止めなどは渡されても具体的な症状の改善方法などが見つからないことも多いので困り果てている人もいると思います。

DSC02973

まず体の内面から症状の改善にアプローチしていくには水素水を飲むことによって脳内に溜まった活性酸素を除去するようにしていくのが効果的です。

水素水に含まれる高濃度水素分子は他のどのような食品や健康飲料でも実現できないレベルの抗酸化作用があります。

そのため効率重視でストレスによる影響で舌のしびれが出てしまっているような症状を改善させるのであればまずは水素水を飲みながらできるだけ今以上のストレスを感じることがないような生活をしていくのが重要です。

(注目記事)舌のしびれなどの症状にも効く!水素水を実際に飲んでみた本音の効果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です