水素水が腎臓を活性化させるという効能は本当にあるの?

様々な病気の治療や予防に対する効果も高いと言われている水素水ですが、腎臓の働きを活性化させることもできるという話がでています。

腎臓といえば人間の体を動かすためには必要不可欠な器官でもあり、腎臓が活発に動いているかどうかによってその他の体内の器官や臓器にも多大な影響があるとまで言われるくらいに重要な役割を担っています。

腎臓は血液の流れを左右する大切な臓器

腎臓の主要な働きとして血液を濾過して溜まった老廃物を無害な塩分や尿に変えて体外へと排出するというものがあります。

この一連の働きが正常に行われている状態であれば、体内にも毒素が溜まりにくいですし、血液は常にサラサラした状態で体中に行き渡るようになっています。

腎臓の働きが悪くなっている状態であれば、尿が出にくくなったり、尿が出ても毒素や老廃物は体内に残ったままになってしまいます。

67a1100cd2bbd705444382bafa1dc5aa_s

するといわゆる尿毒症という症状になってしまったり、汚れたドロドロの血液が体内に蔓延してしまうことから血流が悪くなっていきます。

また腎臓は血圧にも密接な関係があるとされています。

もともと腎臓が塩分や水分の排出量を調整することで血圧のバランスを維持しているのですが、腎臓の働きが低下している状態ではその塩分や水分の調整ができずに血圧を上げてしまうことから高血圧の状態になってしまうことがあります。

高血圧になってしまうとさらに腎臓をはじめとした臓器に負担をかけてしまうことになるので、悪循環の度合いがどんどん増してしまいます。
それだけ血液の流れや血圧に関しては腎臓が左右すると言ってもいいくらいに重要な臓器になっているということです。

水素水が腎臓にどういった働きかけをするのか

水素水を飲んだことがある人はわかると思いますが、水素を体内に取り込むと排尿量がぐ~んと上がります。
これ血液中の毒素や活性酸素などを水素が無害な水へと変えて尿として排出させるデトックス作用が働いているからです。

DSC02976

この水素水を飲んだ後に出る尿は老廃物が薄い状態ででてくるので腎臓にかかってくる負担を最小限に留めてくれます。

逆に水素水を飲まずに老廃物が溜まった濃い尿が出るようになっていると、その分だけ腎臓に負担がかかるだけでなく、体の至るところに支障をきたすらいの悪影響があるということです。

私も初めて水素水を飲んだ時はかなり頻繁にたくさんの尿がでるので正直最初のうちは大丈夫かな?と不安になりましたが、その仕組みとなぜ尿がたくさんでるのかということについて理解してからはすんなり受け入れられるようになりました。

回数の少ない濃い尿よりも、回数の多い薄い尿を出すようにしたほうが腎臓への負担も少なく健康的と言えますし、毒素が消えてサラサラな血液となった状態を維持できるようになることから今後の腎臓の働きについても活性化させていくことができるようになります。

腎臓の調子に不安を抱えていたり、健康な状態の腎臓をキープしていきたいという目的で水素水を飲むというのは理にかなっている方法と言えます。

(注目記事)一番人気の水素水!水素たっぷりのおいしい水の効果と評価総合レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です