水素水はミネラルウォーターの違いは?

水素水はいま健康や美容について意識の高い幅広い世代の方々に注目されているわけですが、まだ水素水の持っている詳しい効能などについてはあまり深く知らないという方もたくさんいると思います。

tennen

むしろ最近水素水のことを知ったばかりという方にとっては水素水とミネラルウォーターの違いが良くわからないという方もいるのではないでしょうか。

今回は水素が入っていることによって一体普通の水やミネラルウォーターとどういった点に違いがでてくるのかということについて簡単にまとめていきたいと思います。

ミネラルウォーターの定義について

ミネラルウォーターは地下水や湧き水などを原水とする容器入りの飲料水となっていて水道水とは違ってまろやかな味でおいしい水になっています。

水道水の場合は雨水を殺菌して作られているのですが、湧き水や地下水を加熱殺菌して作られているのがミネラルウォーターということになります。

fd376020d3db11522645e692ac17de15_s

ミネラルウォーターが作られる過程ではとくに何かの成分を配合させるといったような処理は行われていません。
そのため「○○の水」といったようなミネラルウォーターがあった場合は○○という地域の源泉水を元に加熱処理で作られた天然水ということになります。

そして作られたミネラルウォーターは大半がペットボトル容器に詰められて販売されていきます。

またミネラルウォーターといっても色々な種類があるのですが、とくに日本人の口に合いやすいのは実は海外製の軟水となるミネラルウォーターです。

まず日本を原産地として製造から販売までされているミネラルウォーターは大半が通常の加熱処理にて殺菌をしているので水のもつ本来のおいしさが失われます。

しかし海外のボルヴィックなどのミネラルウォーターについては軟水となっているのでまろやかで美味しいと感じるようになっています。

水素水とミネラルウォーターの違いについて

それでは水素水はミネラルウォーターとどのような違いがあるのでしょうか。
まず基本的に水素水というのはもともとはミネラルウォーターと同様に名水と言われる日本各地の湧き水を原材料としています。

ミネラルウォーターについてはその水に殺菌処理をしてパック詰めをされるわけですが、水素水の場合はここから違いがでてきます。

DSC03433

水素水を製造する際には直接くんだ湧き水にたいして水素水製造専用の工場にて高濃度な水素を充填していくという処理が加えられます。

高圧微粒子製法などといった独自技術を使って水素ガスを細かく切断しながらマイクロバブルと言われる小さな泡状態にして水に溶け込ませて水素水が作られていきます。
水素水を作るには独自の専用ラインが必要となるため通常のミネラルウォーターと比べて製造に時間と手間がかなりかかっています。

ミネラルウォーターと違って水素水の場合は専用ラインで充填した水素が抜けてしまわないために最近ではペットボトル容器などではなくアルミパウチ容器にパッキングされることが多くなっています。

水素水は何が優れているのか

ミネラルウォーターについては基本的には水分補給をするといったくらいの用途でしか使われないように主だった効能というのはほとんどありません。
しかし水素水がとくにミネラルウォーターと比べて優れているのは摂取することによって色々な健康効果が得られるというところにあります。

  • ダイエット効果
  • 美容サポート効果
  • アンチエイジング作用
  • 疲労回復効果
  • お酒を飲む方の健康維持
  • 便通の改善効果

 

水素水が優れているのは上記のような単純に飲むだけでも上記のような健康促進となる作用が得られるからです。
ここに書いている効能以外にの最近ではアルツハイマーやパーキンソン病の予防や改善、インフルエンザやぜんそく、心筋梗塞といったような病気に対抗する作用もあるとされています。

製造段階では同じ原材料の湧き水だったはずなのに水素を充填したことによってここまで多くのメリットがあるということなので水素水は健康志向の強い方から支持されているということなんです、

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です