水素水には尿酸値を下げる作用はある?

年に1回の健康診断の結果として尿酸値の高さに悩まれている方も多いと思います。

尿酸値が高いという診断結果がでているということはおそらく要再検査などになってしまうので、後ほど医師の診察を受けたりさらに精密な検査を受けなければならない状態となってしまいます。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

まだ尿酸値が高いということがわかった段階では痛風などの症状がでていなかったとしても、再検査や医師の診察を受けずに放っておくと近いうちに痛風などになってしまう可能性もかなり高くなります。

ただやっぱり人間ですから、診察を受けるのであれば受ける前に自分でできるだけ対策をして問題ないんだということを証明してやりたいという気分になることもあると思います。

今回は最近の健康ブームの火付け役にもなっている水素水には悩ましい尿酸値を下げる働きはあるのかというところについて考察していきたいと思います。

尿酸値を下げるための3つのポイント

もしも現状で尿酸値が高いといったように異常な数値がでているのであれば、その原因となるのは大分類でいうと以下の3つと考えられます。

  • 血液がドロドロになっている
  • 食事バランスの乱れにより肥満となっている
  • 体内に活性酸素が溜まっている

じつはこれらの尿酸値を高めてしまうとされているポイントは全て水素の力で解消出来る内容ということに気づきましたでしょうか。

水素水の効果や効能について調べてみたり聞いてみたことがある方は「あ、そういえばこれって・・・」と記憶にあるかもしれませんが、どれも水素の効能として改善できる項目の中に含まれている問題点でもあります。

水素を体内に取り入れると消化吸収能力を向上させることができることから、体内に余計な老廃物が溜まることがなくなり、その結果として血液が綺麗なサラサラした状態に変わっていきます。

さらに水素水には摂取することによって体内に蓄積された内臓脂肪を燃焼させることによって内側から綺麗に痩せるために体質を変えていく働きがあるので、尿酸値が高くなる要因でもある肥満を解消するためにも役立ちます。

そして最後にの活性酸素の減少については水素水が最も得意とする作用でもあり、体の至る所にある不調の原因である悪玉活性酸素を水素で中和して無害な水へと変えることが出来るというものになっています。

水素水を飲むだけで尿酸値は下がるのか

水素水には確かに尿酸値を下げる作用があるのですが、果たしてただ単純に飲むだけでも尿酸値を下げることはできるのでしょうか。かりに飲むだけで簡単に尿酸値が下がるのであればそんなに嬉しい事はないですよね。

実際のところ尿酸値を上げてしまうような生活習慣をしていなければ水素水を飲むだけでも尿酸値を下げることは可能です。

ちなみに尿酸値を上げてしまうような生活習慣とは以下のようなものです。

  • プリン体を多く含むお酒を飲む
  • 激しい運動をする
  • コレステロールをたくさん摂取してしまう

あくまで一例ではありますが、こういった普通にしていても尿酸値を上げてしまうような習慣はまずは最初に控えるようにしていかなければいけません。

逆にこういった習慣さえ控えることができれば、後は単純に水素水を飲むだけでも気になる尿酸値を下げることはできるということですので自分にかかってくる負担もほとんどないので楽ですよね。

DSC02972

実際に尿酸値が高い男性に数日間連続で水素水を飲んでもらうという検証を行った結果でも、確かに水素水を飲むとグッと尿酸値は下がったという結果もでています。

飲んだら瞬間的に活性酸素が下がるという結果がでていますが、水素水は飲み続けると飲んだ瞬間だけでなく体質的に尿酸値が平均値くらいで落ち着くようになってくるとのことです。

もし現状の尿酸値の高さに悩んでいて何とかして下げたい!と思っていたのであれば水素水を使ってみるのも一つの手ですね。

>>水素たっぷりのおいしい水を飲んだ効果と体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です