水素水は濃度が高い方が効果も高いの?

P1020103

水素水を選ぶ際のひとつの基準となるのがやはり水素濃度になってくると思います。

というのも水素水にはたくさんの種類がありますが、結局のところどれを選ぶのかというところになった時に違いとしてわかりやすいのが水素の濃度くらいしかないからです。

水素水を評価することになったとして評価の基準となるのは以下のようなポイントになります。

  • 充填時の水素水の濃度の濃さ
  • 飲みやすさ&パックの工夫
  • 水素水の原材料となる水の原産地
  • 価格

 

実際に飲んだかどうかは別にして水素水を選ぼうとなった場合は上記のようなポイントをもとに選ぶことになるのには違いないでしょう。

そこでやはり気になってくるのは単純に水素水の水素濃度は高い方がその分だけ効果も高いのか?という点になってくるはずです。

もしも水素濃度が高ければ高いほど効果も高いというのが正しいとすればもうどの水素水を選べばいいのかということは迷いようがないくらい一目瞭然となりますし、そうでなければ価格や飲み心地なども考慮しながら総合的に判断していく必要がでてくるということです。

水素濃度は高い方が効果も高いのか

一般的に高濃度水素水というカテゴリーに入ってくるのはすいそのうどが0.8ppm以上になってくるものからとなっています。

そのためもしそれ以下しか配合されていない水素水は効果が低いということになります。
また逆に水素の濃度が1.0ppm以上となってくるとそれ以上に濃度が濃かったとしてもそこまで大きな変化はないと言われています。

ただし、水素水は開封した後に空気と触れる時間が長くなるほど濃度が落ちていくという特徴もあるのであまりギリギリすぎる水素濃度だとすぐに飲みきらなければ濃度が充填時よりも落ちた状態で体の中に入ってくることになりかねません。

そのため安心して水素の本来の効果を確実に実感するという目的で高めの水素濃度の水素水を選ぶという考えは間違いではありません。・

水素濃度の限界値が技術の向上で上がっている

一時期は水素濃度は限界でも1.6ppmまでであるということが言われていたのですが、最近では研究機関による技術の向上もあってかその限界値が大きく上がってきています。

加圧方式という新しい水素の圧縮充填方法ができてからはアルミパウチ容器であることに限って最大で3.0ppmということで從來の限界値の2倍近くの水素濃度を含めた水素水を商品化するレベルまで落としこむことができるようになりました。

P1020098

その代表格とも言えるのがトラストウォーターという水素水になっており、充填時3.0ppmという超高濃度の水素濃度を実現できています。

水素水の濃度重視で選ぶのであればトラストウォーターという水素水が現状の加圧方式で作られている中では最も優れているということになります。

>>トラストウォーターの効果と詳細レビューはこちら

価格と飲みやすさも考慮するとどうなるか

単純に水素濃度だけで優劣を決めるのであれば答えは既に出ているわけですが、飲みやすさと価格も選考基準に入れるようになると話は変わってきます。

とくにトラストウォーターに関してはアルミパウチ容器が作用されてはいるものの飲み口などがついていないタイプの水素水になっているのでストローをさして飲むかコップに出して飲むというような一手間が必要になるというデメリットもあります。

DSC02973

その点メロディアンの水素たっぷりのおいしい水などの水素水であれば水素濃度自体はトラストウォーターには敵わないものの圧倒的な飲みやすさと価格のやすさからコストパフォーマンスが非常に高いというメリットも浮き彫りになってきます。

とにかく高い水素濃度の水素水を飲みたい!という場合とコストパフォーマンスを重視したい!という場合によってどちらを選ぶか判断していくのが理想的ではないかと思います。

コストパフォーマンスが最高に高い水素たっぷりのおいしい水の効果とレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です