水素力プレミアム8の効果は?実際に飲んでみた結果と所感

P1040183_2

最近はドラッグストアなどでも水素水が大きく取り上げられることが増えてきているので一般的にも認知度が上がっていますね。

そんな中でも先日たまたまドラッグストアを見ていた時に一際目立つところに置いてあった「水素力プレミアム8」という水素水が気になったので実際に購入してみました。

実際のところ飲んでみて効果はどうだったのか?というところや細かい所感などについてまとめていこうと思います。

水素力プレミアム8の特徴について

1.最近では珍しい缶タイプの水素水

写真を見ていただければ分かるように水素力プレミアム8は190mlの缶に入っているタイプの水素水となっています。

最近ではアルミパウチ製の水素水が一般化してきているのに敢えて缶なんだ・・・というところが正直なところ気になりました。

190mlなのですぐに飲めてしまう量ということもあって水素分子が逃げるということをあまり念頭に置いていないのかもしれないですね。

2.水素濃度は?

水素力プレミアム8の水素濃度については700ppb〜1000ppbとなっています。
ここで色々な水素水を実際に飲んだり見たりしてきた人は「ん?」と思ったのではないかと思います。

水素濃度の表記が「ppb」となっていますよね。
一般的には「ppm」が使われることが多いのであまりこの表記には馴染みがないという人も多いのではないかと思います。

これは表記方法が単純に違っているだけですので換算し直すことでその他の水素水と比較することができます。

水素力プレミアム8は数値が大きく見えるように敢えてppbを使用して「700〜1000ppb」といった表記にしていますがこれはppmに変換すると「0.7ppm〜1.0ppm」ということになります。

1ppbは0.001ppmなのでこうなるわけです。

最近では1.2ppmくらいが高濃度水素水の基準値になりつつあり、高いものでは3.0ppmなどを実現しているものもあります。

なので水素力プレミアム8に関してはその他の水素水と比較すると少し見劣りするレベルの水素濃度といった立ち居位置になります。

3.実際に飲んでみて

ということで実際に水素力プレミアム8を開けて飲んでみました。

味などは他の水素水と同様に全くなく普通のミネラルウォーターといったところです。
容器がアルミ缶なので少しアルミっぽいような風味がついてしまっているかな?という印象もありましたがそこまで気になるほどではありませんでした。

P1040186_2

また190mlなので一気飲みできてしまう位の量になっているところは飲みやすいと感じました。

ただ価格は1缶で200円ほどしていたので、この量とこの水素濃度で200円かと考えるとコスパは決して優れているとは言えないですね。

また、これを1缶や2缶飲んだところで体に何か好影響が感じられるようなわかりやすい効果を感じることもありません。

水素力プレミアム8は買いの水素水?

ということでここまで実際に水素力プレミアム8を購入して飲んでみたうえでその効果や所感について色々な角度からお伝えしてきましたが、結局この水素力プレミアム8は水素水として買いなのか?というところについて最後にまとめていきます。

P1040185_edited-1

水素力プレミアム8は買うべきではない水素水であるというのが最終的に私が判断した結論となります。

もちろんその理由はいくつかあります。

  • 水素力プレミアム8,効果
  • 1日に2〜3本飲むのが推奨されているのでコスパが悪い
  • 充填段階の水素濃度も主流の水素水よりも低い

この3点はやはり継続して飲むのには値しないかなと感じたポイントとして大きいですね。

そもそも水素水は1回飲んだくらいで効果が感じられるものではないので最低でも3ヶ月、理想を言えば7ヶ月ほどは継続して飲むことが推奨されています。

やはりそのくらい飲み続けていかないと細胞レベルで綺麗なものに入れ替える事ができないということです。

そこで重要になるのはやはり飲む段階になった時に1本でどれだけの水素を取り入れられるかということ、そしてコストパフォーマンスがどれだけ高いかというところが最重要なポイントとなってきます。

その点を考えると水素力プレミアム8は押しが弱いと言わざるを得ないです。

コスパと効果を重視した最強の水素水を実際に使った総合評価

飲みやすさと価格の安さに定評のある一番人気の高濃度水素水。

業界最高峰の水素濃度3.0ppmを特許取得で実現した水素水。早めに効果を実感したい場合におすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です