水素水を使うと病気が治る!医療にも使われる水素のチカラとは

水素水はダイエットから美容や便通の改善まで様々な健康効果が期待されていますが、最近ではその水素水によって病気が治るということも言われています。実際に最近では医療現場でも治療方法の一つとして水素水を用いているところも増えてきているとのことです。

水素水で治せる病気にはどんなものがあるかと言うと、下記のような病気となっています。

  • アルツハイマー
  • 糖尿病
  • パーキンソン病
  • 腎臓病
  • 急性胃炎または慢性胃炎

これらに加えて死に直結してくる可能性もあるガンについても水素水を飲みながら抗酸化作用を高めていくことで症状の緩和や、予防ができるとされています。

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

もちろん劇的な変化を与えて必ず病気を治すということではないので「治る人もいれば治らない人もいる」ということにはなります。
しかし薬で治療した場合は別の副作用があったり、治療費が更に上がってしまうところがあるのに対して、水素水の場合は間違いなく副作用などが起こることはありませんし、薬品で治療するよりもコストを抑えることが可能となります。

自然治癒力を高める事ができるのが水素水の強み

なぜ水素に病気を治療するまでのチカラがあるのかというと、水素による抗酸化作用に加えて活性酸素を除去する効能があるために体内にある悪玉を減らしつつ免疫力をアップさせることができるからです。

また抗酸化作用があるということは脳に有害な物質が流れこんでしまうのを防ぐ事もできるようになるので認知症や脳の老化を防止するのにも役立つとされています。これについては研究機関による動物実験にてマウスの神経細胞が回復して記憶力がアップしたというデータなども既に公表されています。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

そして活性酸素を除去することによって血糖値を正常な状態へと戻して維持することができるようになることから糖尿病や合併症などといった病気を治し、今後再発してしまわないように予防することができます。

これらは薬品によって治療しているのではなくあくまでも水素のチカラで自然治癒力を高めた結果です。
それだけ人間がもともと持っている自然治癒力と言うのは本来は病気にならないように予防したり治療するだけのチカラを持っているのですが、生活習慣などによって自然治癒力が低下してしまうと病気などに対しても無抵抗な状態となってしまうということです。

水素姫のまとめ

水素に期待できることは今回のように病気を治すということもありますし、実際はそれ以上に体に対するメリットは多くなってきます。
サプリメントなどのように体質に合わなかったということで逆に症状が悪化してしまうことがない分安全性が高いというところが嬉しいところです。

ダイエットや美容効果意外に水素に期待できることはとしては以下のようになります。

  • 体が疲れにくくなる
  • 免疫力が上がって病気にかかりにくくなる
  • 自然治癒力が向上して病気が治りやすくなる

実際はこれ以外にも期待できる効果はたくさんあるのですが、病気や疲れに関する効果としては大きく分けて上記の3つの効果が期待できます。

DSC02974
病気を治療したり予防したいという方はもちろん、体の健康を維持したりケアするための1つの方法として水素水を取り入れてみるのもいいですね。

(注目記事)高濃度水素水を実際に飲んでみて感じた効果まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です