失敗しない!水素水の選び方まとめ最新版

最近はダイエットだけでなく若返り効果や病気の予防や改善、美容効果などといったように本当に多方面から話題になっている水素水ですが、これからはじめて水素水を使ってみようかな・・・?と考えている場合にどのような基準をもってどの水素水を選べばよいのかというところで迷ってしまうことも多いかと思います。

一つ一つの水素水の販売ページをじっくり読んでも実際のところどれも似たようなことが書いてあるばかりで違いが見えてこないという問題もありますし、そうこうしている間に何を選んだらいいのかわからずに値段だけで選んでしまったりして失敗するという方もいるようです。

水素水も選ぶものによって効果の大小は様々ですし、下手をすると実際に飲む頃には普通のミネラルウォーターと何ら変わりのない水素水を選んでしまって無駄なコストだけを消費してしまうということにもなりかねません。

そのため今回はとくにはじめての方や、いままで水素水選びで失敗してきた方向けにおすすめの水素水の選び方についてお伝えしていこうと思います。

悪い例!選ばないほうがいい水素水の見分け方

ではまずは失敗しないためには失敗してしまう可能性がある悪い例から紹介していこうと思います。
こちらの動画は見たことありますか?

あの有名ユーチューバーのヒカキンさんが水素水を飲んでみた!ということで動画をアップされているものです。
100万再生近くいっているので見ていたという方もいるかもしれないですね。

このヒカキンさんが紹介していた水素水は企業とのタイアップではなく普通に本人がお店で見かけて買ったものらしいのですが、容器を見ると普通のアルミボトルに入っている缶タイプの水素水であることがわかると思います。

本人も「普通のミネラルウォーターですね・・・。」というように言っていますが、このタイプの水素水は実は圧縮時の水素濃度は高くても開封前の段階ですでに水素がボトルから抜けてしまい、飲む頃には水素濃度が限りなく低くなっている可能性が非常に高いんです。

なのでヒカキンさんは最終的に「もしこれでダイエットや美容に効果があるとしてもある程度飲み続けないとわかんないしそれには値段が高い」ということで70点と評価しています。

実際にこれを飲み続けたとしても値段が高い割には水素も抜けている可能性が高いので実はダイエットや美容に対する効果もあまり期待することはできなということなんです。

これと似たタイプの水素水を選んでしまうと失敗する可能性が高いので一つの例として覚えておくようにした方がいいですね。

これが正しい水素水の選び方!

実際は上で初回したようなアルミボトル以外にも色々な種類の水素水が今は販売されています。
大まかに分けると以下の5種類と考えておけば間違いありません。

  • 水素サーバー
  • アルミボトル
  • スティックタイプ
  • ペットボトル
  • アルミパウチ

それぞれの特徴などについてはこちらの記事にて詳しくまとめていますが、簡単に言いますと水素サーバーは初期費用がかなりかかるために初心者向けではないですし、スティックタイプやペットボトルは水素が抜けやすいという問題点があります。それらを加味した上で最も適切な水素水はアルミパウチに入っているものであるという結論に至っています。

このようなことからもわかるようにまず水素水にはいろいろな容器の種類があるのですが、まずはアルミパウチであることは選ぶ際の基準として必ず取り入れるようにしていくことをおすすめします。

アルミパウチの中でも最も使いやすくてコスパの高い水素水

アルミパウチであるというところまでは絞ることができても、今度はアルミパウチを採用している水素水の中からどれを選べばいいのかというところが問題になってきますね。

この際は基準点として考えるべきなのは以下のようなポイントとなります。

  • 水素濃度は基準値を満たしているか
  • 価格は妥当であるか
  • 水素水の容量は適切であるか
  • 使用している水の原産地はどこか
  • アルミパウチ容器にさらにプラスアルファの工夫がされているか

大体比較していくことができるポイントとなってくるのはこの5つくらいのものでしょう。
私もこの基準を元にいろいろ水素水を使って試してきましたが、その中でも最も総合的に考慮して評価できると感じた水素水をご紹介します。

私がこれまで使って試した中でも最も評価が高いのは水素たっぷりのおいしい水という水素水になっています。

DSC02972

この水素水は最初から含まれている水素濃度が一番高い!というわけではないのですが、水素が逃げてしまわないための工夫がしっかり丁寧に施されているので飲むときの水素濃度的にはかなり高い位置でキープできているといところがまず評価できます。

また、1パックの容量が300mlになっているのですが、500mlだと多すぎるし300ml以下だと少なすぎるということからちょうど1回で飲みきるのにベストな配分量になっているということもあります。

基本的に水素水は1回フタを開けたら水素が抜ける前になるべくその場で飲みきったほうがいいので、そういった意味でもこの300mlというのはちょうど飲みやすい量になっています。

そして最後の価格が本当に手頃で試しやすい価格に抑えられているというところですね。
お試し7本モニターが500円で購入できるので1本辺り100円以下で効果を実感することができるとなると価格的な魅力もあります

水素たっぷりのおいしい水を実際に使ってみた効果と体験談はこちらです。

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です