水素水で胃潰瘍の症状を緩和させることはできる?

ストレスの蓄積や暴飲暴食などが原因となって胃潰瘍の症状がでてしまう人もいますし、最近ではピロリ菌感染から胃潰瘍の症状が発症してしまうといったケースも目立ってきています。

その他、食事をとった後に消化が終わる前にすぐに寝てしまうといったことや、家族性の胃潰瘍といったパターンもありますね。

a1c84f1772205477010681dc7d78d077_s

家族性の胃潰瘍である場合は遺伝子に傷がついているというケースもあるので本人のこれまでの生活習慣などと関係なしに症状が出てくるということもあるので厄介な問題と言えますよね。

そもそも胃潰瘍はどんな症状がでるの?

胃潰瘍は胃酸が上記で解説したような原因によって正常な量よりも多い量が分泌されるようになってしまうことから胃を守るために存在している胃粘膜が消化されてしまって、胃壁に傷がついてしまったりします。

症状がひどくなると胃壁だけでなく体内の筋肉などまで胃酸によってえぐられてしまうこともあります。
実際に実感する症状としては以下のような3つの点があります。

  • 痛み
  • 過酸症状
  • 出血
  • 慢性的な胸焼け
  • すっぱいゲップ
  • 吐き気

出血までしてくると痛みだけでなく、血を目の当たりにすることで急に青ざめてしまって体調が悪くなってしまったり、出血量が多くなると貧血を起こしたり眩暈がしてくるという場合もあります。

その他、突然黒褐色の血を口から吐き出したり、真っ黒の便が出るような場合は胃潰瘍の症状が深刻ともいえる状態まで進行している場合があります。

そのため胃潰瘍が続いているのにそのまま普通に日常生活を送るのは難しいですし、出来る限り早急に対策をしていく必要があります。

水素水を使って胃潰瘍を解消したり症状を緩和させることはできる?

様々な病気の治療などにも使われること増えてきている水素水ですが、水素水を飲むことによって胃潰瘍の症状を解消させることは可能なのでしょうか。

一般的に水素水が改善できるとされている病気には以下のようなものがあります。

  • パーキンソン病
  • がん
  • リウマチ
  • 過敏性腸症候群
  • 胃もたれ
  • 急性胃炎
  • 腎臓病

水素水を飲むようにすることでまずは消化能力を向上させることができるようになります。
特に肉類など消化に時間がかかるものは胃潰瘍の時はさらに症状を悪化させてしまうケースがあるのですが、水素水を飲むようにすることで消化をサポートすることができることから症状の悪化を防ぐことができます。

また胃潰瘍の一つの原因とされているピロリ菌が胃の粘膜を傷つけてしまったり、酷く炎症を起こしてしまうというケースもあるのですが水素水がもともと持っている抗炎症作用によって胃の中で起きている炎症を静めていったり、消化不良が原因で起こる急性胃炎なども解消させることが可能となっています。

DSC02973

ピロリ菌が原因となって引き起こされた炎症や、そこから広がって傷ついてしまった胃の細胞の免疫力を高めることができるようになるので炎症が治まったら胃潰瘍の症状が再発してしまうリスクを減らしていくことができます。

その他胃の粘膜の損傷や炎症などによって白血球やリンパ球が引き寄せられてしまって、そこから活性酸素が大発生することで慢性的な胃潰瘍となるケースもあるのですが、水素水の持っている抗酸化作用によって活性酸素を除去すればそういったリスクもゼロにすることができます。

このように複数の観点から胃潰瘍に対しても水素水は効果があって、再発する可能性を限りなく減らすことができるようになっています。

胃潰瘍の改善のために効果の高いとされている水素水とは?

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です