水素水が人工透析中の患者を救った実話!

腎不全の末期症状によって低下してしまった腎機能を補うという役割がある人工透析は腎臓に疾患がある患者さんにとっては必要不可欠とも言われている治療法です。

3d726a89b8c25ffd9950bedc47356813_s

腎臓の本来の役割である血液を浄化するという働きが出来なくなっている状態を人工透析を行うことで腎臓の役割を人工的に行うことができるというものになっています。

人工透析にも種類があり、血液透析であったり腹膜透析といったものがあります。

いずれにしても腎不全などで腎臓が動かなくなっている以上は人工透析を行わなければ生命の危機すら脅かされる状態になってしまいます。

とある高齢女性を襲った人工透析中の悲劇

現在80歳の女性患者は約5年前の75歳のころから腎不全となり人工透析を余儀なくされている状況となっています。
透析を行いながら何とか生活は出来る状態を維持していたものの、以下のような問題点に遭遇することになります。

  • 足が痛くなってまともに歩くことすら難しくなる
  • 物忘れが激しくなり自分で言ったことも覚えていられない状態になる
  • 透析中に突然体に震えが来て体調を崩して嘔吐するようになる

高齢者であっても人工透析を行っている方は他にもたくさんいるのですが、確かに治療後に倦怠感などを感じるという方はいます。

しかし、この女性のように足の痛みや物忘れ、そして震えや嘔吐などといったような複数の症状が一度にやってくるようになるのは珍しいケースと言えるのかも知れません。

人工透析は治療費も高額になってくるので血液透析であれば1ヶ月あたり40万円前後、そして腹膜透析で30〜70万円ほどと言われています。

このような治療費をかけているにも関わらず人工透析による副作用とも言えるような症状に悩まされることになるのであればこれは人工透析における一つのデメリットともいえるのではないでしょうか。

80歳の人工透析中の女性患者が水素水を飲んだ結果

人工透析を行わざるを得ない状況となっていた80歳女性患者ですが、水素水が今回のような症状を和らげることができるということを知り、藁にもすがるような思いで毎日1本の水素水を飲むことを習慣づけるようにしたそうです。

その結果約2週間後には急に皮膚の垢がポロポロとむけはじめて皮膚の再生がはじまりました。
そして1ヶ月が経過したころには今まではもう歩くこともできなかったはずなのに、普通に歩くことができるまでに回復したとのことです。

この方はそのまま人工透析も続けながら水素水を飲むようにしていったそうなのですが、最終的には水素水を飲み始めて3ヶ月が経過した時点で今まで人工透析による悪影響を受けてでていた体調不良なども一切なくなって頭の中がスッキリとした感じになって快適だと話されていました。

水素水に含まれる水素分子は非常に小さく、体の隅々まで行き渡ることから血液中の不純物などを取り除きながら綺麗なサラサラ血液に変えていくことが出来る作用があります。

そのため病気の治療などにも使われることが増えてきているのですが、この女性患者の使用結果によって透析中の患者の体調不良などを抑えて回復されるといった効果があることも明らかになりました。

もし現在あなたや、その周りに人工透析を行っていて体調を崩しているような方がいたら水素水の存在を教えてあげて少しでも症状がよくなるように促してあげるといいかもしれないですね。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です