水素水を飲むことで蕁麻疹(じんましん)ほ消える?

最近は何かと健康ブームが続いていますが、水素水もその流れにのってテレビCMや雑誌などでよくその効果などが紹介されています。

そんな水素水ですが飲むことによって蕁麻疹などの症状を緩和させたり、消すことができるという効果についても一部で話題になっています。

本当に水素水を飲めば蕁麻疹は消えるのか。そしてもし効果があるのならどういう仕組みで蕁麻疹に効いていくのか見ていきましょう。

水素水は本当に蕁麻疹(じんましん)に効果はあるのか

まず結論から言うと、水素水には蕁麻疹の症状を緩和させたり、そもそも症状が出てこないように体質から改善することで蕁麻疹を消すことができるようになっています。

そもそも蕁麻疹の症状がどういう原因で起こっているかというところについてはご存知でしたでしょうか。
蕁麻疹には大きく分けてアレルギー性の蕁麻疹と、ストレス性の蕁麻疹の2種類が存在しています。

ストレス性の蕁麻疹とは

ストレス性の蕁麻疹とは心因的に何か大きな負担となるようなことが続いたり、ハードなスケジュールが続いて心も体も疲弊しきったようなタイミングで出てくる蕁麻疹のことを言います。

蕁麻疹が出てくるメカニズムについては現段階では詳しく解明されていないのが現状なのですが、ストレスを受けたり体力が極度に落ちているときには免疫力が低下していることから蕁麻疹の症状が表だってでてくることがあるということは間違いありません。

アレルギー性の蕁麻疹とは

アレルギー性の蕁麻疹の場合はもともと体質的に持っているアレルギーの影響で食べものや食品添加物、ハウスダストや花粉といったようなアレルゲンが身体の中に入ってきたときに異物として認識されるために体内の細胞から化学物質が放出されはじめます。

食品
魚介類、肉類、卵、乳製品、穀類、野菜、食品添加物
小麦、ソバ、乳製品、卵、落花生等
薬品類
抗生物質、解熱鎮痛剤、咳止めなど

上記のようなものはどれもアレルギーを引き起こしてしまいやすいと言われています。
さらに体力が落ちていたりストレスが溜まっていて体の中に活性酸素などが溜まった状態になっていると普段は耐性があるからアレルギー反応としての蕁麻疹が出てこないように抑制できていても、突発的に蕁麻疹が出てくるというケースもあります。

水素水を飲むようにするとまず体の中にストレス要因でたまってしまった活性酸素などを除去することができるようになるので、体力の減退やアレルギーなどの症状を緩和させることができるようになっています。

DSC02974

さらに、水素水はアレルギーを体質から改善する作用もあるのでアレルギーが原因で蕁麻疹の症状がでてきてしまっているような場合でもその症状を緩和させることができるようになっています。

もしも何かを食べたり飲んだりした時に蕁麻疹がでてきた!と言う場合や、薬を使ったりした後に蕁麻疹がでてきたというような場合はこのようなアレルギー体質が原因となる可能性が高いので水素水を飲んで体質から改善していくのは有効な手段と言えます。

もちろん水素水を飲めば100%確実に症状が改善されるとは限りませんが、間違いなく蕁麻疹が出にくくなり治りやすくはなるので一つの対策法としては試す価値はあると思います。

【写真あり】蕁麻疹などの症状に効果の高い水素水を実際に飲んでみた結果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です