水素水は持ち運びして運動前や運動中に飲むと効果的?

水素水はダイエットや美容効果が高いということで話題になっていますが、飲み方の一つとして外に持ち運びをして運動前や運動中に飲んだら効果はあるのだろうかといったところについて気になる方もいると思います。

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s

水素水は飲むタイミングによっても多少得られる効果に違いがありますので、できれば効果が大きくなるところで飲みたいですよね。

アルミパウチ容器の水素水であればそのまま持ち運びOK

まず水素水は空気や酸素に触れるとすぐにそれらと結合してしまうことから水素の濃度が薄まってしまうという欠点があります。
なのでまず容器からしてペットボトルに入っているタイプのものは持ち運びには向いていません。

また水素水を浄水器で作った場合も同様で、持ち運びをしている最中に水素が抜けてしまう可能性が大きいのでオススメできません。

外に持って行ったり、しばらく時間が開くような場合はアルミパウチ容器に入っていて飲みくちがキャップでついているタイプのものを選ぶのがベストです。

DSC02970

アルミパウチなら持ち運んでいる最中に水素濃度が薄まる可能性はゼロですし運動前に開封して飲んでもいいです。
もちろん運動中に喉が渇いたタイミングで適度に飲んでも全く問題ありません。

ただし、外で開封したら家まで持ち帰ってくる前には必ず飲み干すようにするべきです。
開封してからの時間が長くなるとアルミパウチだとしても空気が入り込んで水素は薄くなりますのでそこだけは気をつけましょう。

運動前や運動中に飲むと効果的?

水素水は飲むことによってサーモグラフィ検査でも明らかに体温が上昇することが確認されているように、確実に脂肪を燃焼させる効果が高まります。
これは水素水が活性酸素を還元させることができることから、細胞内のタンパク質でもある酵素が活性化されていくことによるものです。

それでは運動前に飲むのと運動中に飲むのではどちらのほうがいいのでしょうか。
人によっては運動後に一気に飲みたい!というケースもあるかもしれません。

これについては科学的にデータが立証されているわけではないので、運動中でも運動前でも水素水を飲むことによる燃焼効果が損なわれることはありません。

1ddcb71764db1a0ca6e3a98020a9f9ac_s

ただ、運動をしている時が最も脂肪が燃焼されるタイミングでもありますので、運動後に水素水を飲んでもあまり恩恵は得られないかと思います。

また、私の経験上では一気に運動前に飲むと利尿作用があるので運動中にトイレに行きたくなってしまいます。
なのでバランスを考えた場合はまず運動を始める前に3分の1から半分くらいを飲んで、残りは運動中の水分補給を兼ねて水素水を飲むようにするのがベストかと思います。

運動による疲労を残したくない場合は運動後に飲むのも効果的

燃焼やダイエット目的であれば先ほどのように運動前や運動中に飲めばいいのですが、目的が疲労を残したくないといったことの場合はまたタイミングが少し変わります。
運動後にはどうしても細胞レベルでストレスを感じ取ってしまうので体内に活性酸素を発生させてしまいます。
それが後からくる疲労感の原因でもあります。

そういった疲労感や倦怠感を後に残したくない場合は、あえて運動後に飲むという手もあります。
水素水を飲むと頭がシャキッとするので、疲れた〜と感じた時に一気に飲むようにするのも効果的です。

水素姫のまとめ

  • 水素水は持ち運びOK!ただし水素が抜けないアルミパウチ容器に限るsuisohime1
  • 脂肪燃焼を目的とする場合は運動前と運動中に飲むのが効果的
  • 運動による疲労を残したくない場合は運動後に飲む飲むあり

 

 

 

>>一番人気の水素水!水素たっぷりのおいしい水総合レビュー記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です