水素水は作るのと買うのではどっちがいいの?

今美容や健康業界で人気の水素水を自宅で飲むのには自分で水素水を作るという手段と、既に出来上がっている水素水をパックで買うという2つの手段があります。

DSC03434

どちらにもそれぞれの良さがあるのは確かですが、これからはじめて水素水を飲もうかと悩んでいるという人向けにはどっちのほうがおすすめなのか詳しく見ていきましょう。

水素水を作るには2通りのやり方がある

水素水は自宅で自分でも作ることができるようになっています。自分で作るメリットと言えるのはやはり買い置きのストックがなくなってしまった時に飲めないといった問題が発生しないということや、飲みたいと思った時に作ればすぐに飲めるというところですね。

今ところ自分で水素水を作るには以下の2つの方法があります。

  • 水素水スティックを購入して水道水から生成する
  • 水素水サーバーを購入してサーバーから水素水を生成する

水素水スティックの場合

水素水スティックについてはいわゆるマグネシウムスティックとも言われているような商品になっていて、サーバーを導入するよりは手頃な価格で水素水を作ることができるうようになっています。

しかし問題なのは水素水をスティックから生成している最中に肝心な水素が空気中の酸素と融合してしまって逃げてしまう可能性があるというところですね。

下手をすると水素水と思って作っているのにいざ飲むときにはほとんどただのミネラルウォーターと変わらない水になってしまっているという可能性もあるということです。

水素水サーバーの場合

水素水サーバーは電圧によって電気分解を起こすことで水素を発生させて水に溶けこませることで水素水を自宅で作ることが出来るというものになっています。

水素水サーバーで水素水を作る場合は先程の水素水スティックで水素水を作るときと比べて生成した水素水の中に不純物が残りにくいという特徴もあるので実際に水素水を飲む消費者側としては不純物が少なく水素の持つ効果を実感しやすい水素水を飲むことができるということになります。

しかし水素水サーバーの場合は導入するのに多大なコストがかかることがほとんどで、サーバーの導入費用だけで10万円を超えることがほとんどです。

お金に余裕があって今後も毎日必ず水素水を飲むと決めたのであれば導入してみる価値はあるかもしれませんが、まだこれから水素水を飲んでその効果を試してみようという段階では初期コストとランニングコストを考えた時に少々厳しいところもあるかもしれません。

水素水は作るよりもパックで買うほうがおすすめ

水素水を作るメリットもあるのですが、やはりコスト面と手軽さを考えると水素水は最初からパックになっているものを購入したほうが最初はいいのではないかと思います。

パックであっても最近の水素水は価格も手頃になっていますし、何よりアルミパウチ容器に入っている水素水であれば水素の濃度の維持が完璧にできているので開封していない状態で保管しておけばいつでも高濃度な水素水を飲むことができるからです。

スティックの場合はどうしても水素濃度が抜けてしまう可能性が拭えないので、最初はアルミパウチのパックになっている水素水を飲みながら効果を実感してみて、その後でこれからずっと水素水を継続して使い続けようとなった時に水素水サーバーを導入して水素水を自分で作るという方向へシフトしていくのが理想的な流れではないでしょうか。

【体験談】最も手頃な価格で購入できるパックの水素水を実際に飲んでみた効果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です