水素たっぷりのおいしい水の成分を徹底調査!

メロディアンハーモニーファインの一押しの水素水「水素たっぷりのおいしい水」は今話題の水素水に期待できる悪玉活性酸素を除去する効果があるということでその健康効果に対して大きな注目を集めています。

suiso

今回はそんなメロディアンの水素水に含まれる成分を調査してどのような仕組みで飲むだけで健康効果が実感できるようになっているのかということを改めて確認していきましょう。

水素たっぷりのおいしい水の成分について

成分にどんなものが含まれているのかといいますと、以下のようになっています。

  • 水素
  • カルシウム
  • マグネシウム

他の水素水との成分や効能などの違いをどうやって見極めるのかというと、水素の還元力や水素濃度、水素が逃げない工夫といったところで違いを見ていくことになります。

肝心の水素の濃度については業界でもトップクラスである1.2ppmとなっていますので、体が老化してしまったり、体調不良などを引き起こしてしまう原因とも言える体の酸化を抑制することができるようになります。

酸化還元電位について

水素水の評価の基準のひとつに酸化還元電位という単位でみていくところがあります。
これは雨水や都市部の水道水などは酸化水と呼ばれていて酸化還元電位の数値が+600〜+800くらいになっています。
この酸化還元電位の数値が高いということは体内に取り入れることで体の中をサビさせてしまうということになっています。

逆に水素たっぷりのおいしい水は還元水とよばれているサビをとることができる水に該当してくるので、体内に取り入れることで体の内側から元気にしていくことができるようになっています。

水素たっぷりのおいしい水の酸化還元電位は−350mv〜−650mvという数値となっています。

参考までに酸化還元電位の数値目安としては以下のようになっています。

酸化水(サビさせる水) 還元水(サビをとる水)
雨水(+800mV) ミネラルウォーター(0mV)
都市部の水道水(+600mV) 奇跡の水(−50mV)
一般の水道水(+400mV) 水素たっぷりのおいしい水(−650mV)
雨水(+800mV)
純水(+200mV)

アルミパウチで水素が逃げないように工夫されている

せっかく中性域の天然水に高濃度の水素が入っていたとしても、水素が逃げてしまってはいざ飲む時にはほとんど普通のミネラルウォーターと変わらないということになってしまいます。

水素たっぷりのおいしい水ではそのようなことにならないようにするために、特殊なアルミパウチを採用しているので配合されている水素やその他の成分が逃げないように工夫されています。

DSC02970

またキャップがついているのでストローなしでそのまま飲めるメリットがあります
ただしいくらアルミパウチで水素が逃げないと言っても、キャップを開けた状態だと空気から酸素が入ってくるので水素が逃げていきます。

一度開けたら最長でも2〜3時間以内には飲み切るということだけは守るようにする必要はあります。
一口飲んでしばらく飲まない時は、酸素がパックにはいらないようにきちんとキャップを閉じて、飲むときにまたキャップを開けて飲むようにすると水素が逃げないので効率的です。

 

button_040 button_039

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です