植物性油脂はアトピーやニキビを誘発するって本当?回避する方法は?

普段から何気なしに口に入れてしまっていることが多い植物性油脂ですが、実はそれがアトピーニキビなどといったような肌トラブルを誘発してしまっている可能性があるということについてはご存知でしたでしょうか。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

日本のコンビニやスーパーなどで販売されている食材や食品の中でも特に安い価格帯で販売されているものには植物性油脂が含まれている可能性が非常に高いので買い物上手で食費を抑えている人ほど知らない間に体の中には植物性油脂が入り込んで毒素を溜めてしまっていることがよくあります。

植物性油脂はあまり多く摂取していると様々な健康トラブルを起こしてしまうリスクを秘めている危険な成分ともいえますが、普通の食生活を送っているだけでも回避するのが難しいところもあります。

そんな植物性油脂はなぜアトピーやニキビなどの症状を引き起こしてしまうのか。
その原因について詳しく見ていきましょう。

植物性油脂がアトピーやニキビを誘発する理由

そもそもアトピーには遺伝的な要因と、そうではな外部的な要因の2種類があるのですが、植物性油脂に関しては遺伝子組換によって作られている安価な大豆などを主成分として作られている油でもあるのでアレルギー症状を引き起こしやすいという特性があります。

植物性油のような質の悪い油を使っていると体の中を流れている血液が油にまみれてドロドロの汚れた状態になってしまいます。

きちんと野菜などもバランスよく食べているのにアトピーやニキビが酷いということで悩んでいるのであれば、それ以外に食べているお菓子類に含まれる植物性油が体や血液の状態に影響を与えてしまっているというところが大きな原因となっている可能性があります。

血液検査をした時にコレステロール値などがかなり高くなっていたり、中性脂肪や内臓脂肪の量が多いと判定される場合はまさにその影響が数値として顕著に現れていると考えて間違いないでしょう。

アトピーなどの症状が出てしまうのを防ぐためにはキレイな腸を維持することが重要なのですが、植物性油脂の摂取量が多いと腸が汚れてしまうので、その他の栄養素をきちんと摂取していたとしてもドロドロの血液になったり、汚れた腸内環境をつくりだしてしまいます。

植物性油脂を摂取していても血液や腸内環境を改善するには?

植物性油脂を全く摂らない生活というのは普段食べている食事や食材などを大きく変えていかなければ不可能に近いことでもあるので、なかなか大変かと思います。

現状アトピーやニキビなどで悩まされている場合はまずは明らかに植物性油脂が含まれていてすぐに辞められるお菓子類は食べないようにしたりしつつ体内のデトックスを行っていくようにすると効果的です。

今回のように血液の状態や腸内環境の乱れをデトックスによって改善する際には水素水を使うのが適しています。

水素水の持つ抗酸化作用で体の毒素や活性酸素などを一掃することができるようになるので効果を実感できるのも早いかと思います。

植物性油脂に関しては減らせる範囲で減らしていけば、後はデトックスすることで毒素を外へ排出できますのでそれでもアトピーやニキビなどの対策としては十分な効果を発揮してくれます。

【体験談】デトックス作用が高い人気の水素水を実際に飲んでみた

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です