食べてないのに胃もたれする!知らないと危険な本当の原因とは?

別にそんなに食べてないのに胃もたれするという状態に何度も悩まされてしまっているということはありませんか?
脂分の多い揚げ物や、お肉中心の料理をたらふく食べてしまったといったような状況なら胃もたれをしてしまうのも仕方名がない部分があるとは思いますが、決してそういうわけでもないのに胃もたれを起こしてしまうとかなり気になりますよね。

27d9dbb468f90e89fbf0e3f9e217d94b_s

そもそもなぜ食べてないのに胃もたれをしてしまったりそれに近いような症状に襲われてしまうのでしょうか。
そこには知っておかなければ後々大きな危険となって返ってくるリスクも含まれているので、大事に至ることがないように胃もたれをしてしまうくらいの症状の段階で改善してしまう方法についても解説していきます。

食べてないのに胃もたれする状態が危険な理由とは?

食べていて胃もたれをするのと食べていないのに胃もたれをするのとでは天と地ほどの差があるといっていいくらいに体内環境に違いがあります。

食べていて胃もたれがするのは普通に生理現象として当然でもあります。
摂取した食事を消化するために胃酸が分泌される量が多くなってしまうので胃酸が余ってしまって胃の辺りに溜まると普段感じることがあるような胃もたれの感覚になってくるようになります。

しかし食べてないのに胃もたれがするということは食事量がそんなに多くないにも関わらず必要以上の胃酸が分泌されてしまっている可能性が高くなります。

この時点で胃酸が食事の量に対して多く分泌され過ぎるようになると次第にその胃酸が食道付近まで逆流するようになってしまようようにもなります。

このように胃酸が逆流してしまうというところに実は大きな危険も潜んでいるということでもあります。

胃酸が逆流すると胃もたれだけでは済まない

胃酸が逆流してしまうような状態を放置していると逆流性食道炎の症状として胃もたれを頻繁に起こしてしまったり、それ以外にも様々な症状に変わっていく場合があります。

  • 少しの食事でも吐き気がする
  • ゲップが頻繁にでてくる
  • 胸焼けを頻繁に起こす

こういった症状がでてくることが多くなってくるので胃もたれ以外にも様々な気になる症状が同時に起こるようになってきます。

特にこの状態が長引くようになってくると胃を胃酸から守っているはずの粘膜が次第に薄くなってくることから直接胃酸の影響を受けて炎症を起こすようになってきます。

炎症ができてしまうと症状はさらに慢性的なものとなって、とあるタイミングで胃もたれや胸焼けがするというよりも常に胃もたれをし続けているような感覚の症状にまで悪化してしまうことがあります。

症状を早めに改善するためには?

食べてないのに胃もたれするような症状を少しでも早く改善して、さらなる危険な症状に移り変わってしまうリスクを低減させるにはどうしていけばいいのか。

現状ある方法のなかでも最も効果的な対処法と言えるのは水素水を使った対処法となっています。
水素水には非常に強力な抗酸化作用があるので体の中に溜まってしまった活性酸素を除去していきながら胃酸の分泌量が多くなる原因を根本から取り除くことができるようになっていきます。

少なくとも普通に食べているくらいで胃酸が大量に分泌されてその酸が逆流するといった状態であれば水素水を飲めば数日で改善することも可能となっています。

水素水の具体的な効果などについてはこちらの記事に詳細をまとめました。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です