体重が少ない割に体脂肪が多いのが気になる!対処法はある?

体重は少ないので特に太っているというわけでもなく問題はないのに、なぜか体脂肪率が異常に多いということで悩んでいませんか?

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

体重を計測してみると標準的であったり、逆に少なすぎるといった方でも中には体脂肪が多くなりすぎている方はいるようですが、何が原因でどのような問題点があるのでしょうか。

実は気にしすぎているだけということも

急激なダイエットをして体重が落ちすぎてしまって、同時に体脂肪率も一桁にまで低下していった方がいるのですがあまりにもガリガリになってしまったためか生理が来なくなってしまったということで悩まれていました。

そのため体脂肪率を少し上げて生理不順を戻そうとしたそうなのですが体重の上昇に対して体脂肪率の上がり方が急すぎて1ヶ月もしないうちに体脂肪率が13%上々してしまったそうです。
それ以降も毎日体脂肪率を測るたびに数値が上がっていって止まらなくなってしまったとのことです。

まずこの場合はもともとの体脂肪が女性であるにも関わらず1桁であるというところが大きな問題です。

女性の適正体脂肪率は20〜30%ほどと言われているなかでダイエットをしたからといってその数値が一桁にまで落ちてしまうのは明らかに痩せすぎです。

なのでもしも女性で20%前後の体脂肪率で体脂肪が多すぎる・・・と感じているのであれば実際はそこまで気にしなければならないほど体脂肪率が高いというわけではないということを覚えておきましょう。

体脂肪率が25%を超えているなら

スタイルを気にしているなら体脂肪率が25%以上になってくると流石に見た目的にも脂肪が多いというのがわかるくらいになってくるので、気になってくると思います。

健康的な観点からいうと30%以上の体脂肪だと多いという認識になるのですが、健康と見た目両方のバランスを適正に保つという意味では体脂肪率は15〜25%以内に留めるようにすることを目標としていくのが理想です。

ただし食事を無理に制限するだけのような急激なダイエットをすると体脂肪と同時に筋肉量も減っていくので危険な状態になりやすい傾向にあります。

ヒトは生命を維持するためにもカロリーは消費しているので食事である程度は栄養素を補うようにしていかなければ脂肪だけでなく体に必要な筋肉を分解してエネルギーに変換して消費してしまうと言われています。

なので無理な食事制限に頼りすぎずに体脂肪が気になるなら体脂肪だけをきちんと適正まで落とす事ができるようなダイエット方法を取り入れていくようにするのが理想的といえます。

水素水ダイエットで体脂肪をピンポイントで落とす

いまや数多くのダイエット方法が出回っているので、どのダイエット方法が何に効くのかということもあまり理解しないまま何となく効果がありそうだから・・・とはじめてしまう方も多いと思います。それでも一定の効果は出ると思うのですが、やはり目的に合ったダイエット方法を取り入れるようにするのが最も効率が良いと言えます。

特に体脂肪をピンポイントに狙い撃ちするように落としていくことができるとされているのが水素水を使った水素水ダイエットです。
水素水は病気の治療や予防、アンチエイジングなどにも用いられることが多い健康飲料ですが、ダイエットにも大きな影響があるということでダイエッターにとっても人気です。

体内の脂肪が高くて肥満気味になったり、BMIの数値が高くなりすぎる原因に体内や血液中に活性酸素が蓄積してしまうということが挙げられています。

体脂肪の中でも肥満やメタボの原因とされている内臓脂肪や皮下脂肪が問題となっていますが、水素水を飲みながら細胞内のミトコンドリアの活動を活性化することで脂肪をスムーズに燃焼させることができる体質へ変えていくことができるようになっています。

もちろん、筋肉量を落としてしまったりすることもないので体重が少ない割に体脂肪が多いという悩みを持っている方にとっては理想的なダイエット方法と言えるものになっています。

コストパフォーマンスが最も高い人気の水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です