体温が低い原因は?34度や35度の低体温を改善する方法

2e0773337eb06153c22fe920fe432529_s

自分の体温を体温計などで計ったときにいつも34度とか35度くらいしかない低体温の状態になっているということはありませか?

あまり体温が低い状態が続いていると新陳代謝が大きく低下してしまうことから肌のくすみが激しくなってきたり、自律神経失調症などの病気になる可能性が増えてくると言われています。

体温が低い原因はどこにあるのかというところについて見ていきながら改善していく方法について解説していこうと思います。

体温が低いとこんな症状がでてくることも!

恐らく自分の体温が低いということに対して自覚がある場合は既にいくつか症状が出てしまっているのではないでしょうか。

  • 肌がカサカサでくすみやすくなっている
  • 更年期障害
  • 生理痛が激しくなる
  • 異常な肩こりや頭痛がする
  • 不眠症になる
  • 風邪を引きやすい体質になる
  • 冷え性になる
  • 体重が増えやすく落ちにくい状態になる
  • 老化がすすむ

 

冷えは万病の元!などと言われることもあるくらいで、これ以外にも体の不調を引起してしまうきっかけになる可能性は十分にあります。

どれも非常に不快ですし、気になる症状が多いので一つ一つ改善しようとしても低体温が治らなければすぐに再発してしまったりするので中々対処が難しいところでもあります。

体温が低い状態が続くと内臓などの体内の器官も低い温度のままになってしまうので働きが正常に行われなくなってしまうので免疫力や抵抗力などが著しく低下してしまう状態になります。

なぜ体温が低くなる?原因について

今の段階で何で自分の体温が低くなっているのかという原因については心当たりがなかったとしても生活習慣など細かいところに原因が隠されているというケースはよくあります。

・野菜や果物不足は体温に影響を与える

dbd802547f0a2f4d8a5c82ed9783fc9f_s

 

普段から食事内容に対してあまり気を配っていないようだと野菜や果物などを食べる機会が自然と少なくなってしまうこともよくあると思います。

また、苦手意識や好き嫌いで野菜は食べたくないという人も少なくないでしょう。
実はこういった食生活の乱れは体温の維持に必要となるビタミンやミネラルなどが不足してしまう原因となり得ます。

ビタミンやミネラルなどは食事の際に摂取した食べ物などをエネルギーに変換して熱を作り出す際に必要不可欠なのですが、それが足りないから体温が正常な値まで上がらない状態になるということです。

食事をしたりして何かを食べると普通は体温がグッと上がるので温かくなってきたり、少し汗をかくことがあるのですが、そういったことは全くないという場合は野菜や果物などを食べる量が少なくてビタミンやミネラル不足になっている疑いがあります。

・過酷なダイエットは低体温を悪化させる

食事を制限する形で行うようなダイエットを行っていると、最初は体重が落ちやすくて面白いかもしれませんが、ビタミンやミネラルのバランスを大きく崩して低体温になる可能性が高くなります。

さらに低体温になってしまうと基礎代謝が落ちるので同じような方法でダイエットを続けても痩せなくなってくるので状況はより厳しいものとなってきます。

・筋肉量が低下している

適度に筋肉量を維持できている人は基本的に体温は少し高めの人が多いです。基礎代謝や新陳代謝なども筋肉量が多いほど高くなります。

一方で筋肉量が酷く低下しているままになっていると血液を体に循環させるために必要な筋力も不足するので体全体が冷えるような状態になります。

  • 運動不足
  • タンパク質の摂取不足
  • 食事制限

これらはどれも筋力を落としてしまう原因となり、それが体温を下げてしまう要因ともなるので注意が必要です。

・ストレスなどの影響でヒドロキシラジカルが増えている

実はこの部分が一番盲点になりやすいところでもあるのですが、毎日少しづつストレスを感じていたりすることから体内にヒドロキシラジカルと呼ばれる悪玉活性酸素が増えてしまっている場合があります。

ヒドロキシラジカルは冷え性や低体温の最大の原因となり得るのですが、意外にも気付かれないことが多いので厄介です。

低体温を改善するために役立つ水素の力

人の体温は基本的にあまり上下することなく一定に保たれるようにできています。
日本人の平熱としては36〜37度ほどで、そのあたりにある場合は低体温ではないので心配をする必要はありません。

しかし35度台やそれ以下の場合は低体温と言える状態になっているということなので改善していく必要があります。

低体温を効率よく改善していくために役立つのがヒドロキシラジカルを消去することができると言われる水素が豊富に配合されている水素水を飲むということです。

P1020105

 

水素を体内に増やすようにしていくと体内で熱エネルギーを増加させることができるので低すぎる体温を適温まであげていくことができます。

もちろん必要以上に上がりすぎて熱が出てしまうようなことはありません。
あくまでも健康体でもある平均的な体温に戻していくことが出来るというイメージです。

細胞のミトコンドリアに水素が直接働きかけることでエネルギー効率を上げることが出来るというところにカラクリがあります。

体温が低いということで低体温に悩んでいる場合は水素の力を活用してみるのが理想的です。

人気の水素水を実際に使った総合評価

飲みやすさと価格の安さに定評のある一番人気の高濃度水素水。

業界最高峰の水素濃度を特許取得で実現した水素水。早めに低体温を治したい場合におすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です