体脂肪が高すぎる原因は?脂肪をためないコツ

外見はそんなに肥満というほどではないし、周りからは痩せている方だと思われているのに体脂肪がやけに高いということが気になっている人もいると思います。
なぜ見た目にはさほど現れていないのに体脂肪が高すぎるといえるような数値が出てきてしまうのか、その原因と脂肪をためないために必要なコツについてお話していこうと思います。

脂肪のつき方の違いについて

体脂肪が高いということは体に多くの脂肪がついてしまっている状態であることに違いはありません。
そしてその脂肪のつき方には大きく分けて2つの種類があるとされています。

それが内臓脂肪と皮下脂肪です。

何で自分はそんなに太っているわけでもないし、体重もそんなに重くないのに体脂肪が高いのかといったことで悩まれている方も多いと思いますが、脂肪のつき方として内臓脂肪が多かったり、脂肪の密度が高い人ほど体脂肪も高い数値がでやすいとされています。

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s-300x200

まずは外見の割に体脂肪が高すぎる状態になってしまう原因である内臓脂肪と皮下脂肪の違いや、それらの脂肪がついてしまう理由についてお話していきます。

皮下脂肪が溜まるとどうなる?

皮下脂肪が溜まってしまうことによる肥満の状態とは脂肪が皮下体組織に蓄積されている状態のことを言います。
皮下脂肪が多い人は体脂肪率も上昇するだけでなく体系的にはお腹まわりや太もも、お尻の周辺などの皮下にも脂肪が溜まっていくので下半身がずんぐりと丸い形に見えるような体型になりやすい傾向にあります。

内臓脂肪が溜まるとどうなる?

ではもう一つの脂肪である内臓脂肪が溜まってしまうとどのような状態になるのかというと、まず皮下脂肪と比べて内蔵脂肪が溜まり過ぎるとウェスト周りのサイズが大きくなりやすいという特徴があります。

脂肪がお腹の周辺を中心に蓄積されていくと内臓脂肪型肥満と呼ばれている状態になるのですが、お腹がぽっこりと出てしまうことから別名リンゴ型肥満という呼ばれ方もしています。傾向としては中年の男性がこの状態になることが多いようです。

自分がどちらのタイプの脂肪が多かったとしても体脂肪に対しては大きな影響がありますのでそれ相応の対策が必要です。

内臓脂肪や皮下脂肪が多くなることによる影響

ちなみに皮下脂肪も内臓脂肪も自分の体内に不要な脂肪が蓄積されているということには変わりないのですが、どちらかというと内蔵に脂肪が溜まっている方が見た目からは気づきにくい事が多いので体脂肪だけがやけに高いといった形になりやすい傾向にあります。
そのため太っているつもりはないのに体脂肪が高すぎるという場合は脂肪の密度が高い状態で内臓脂肪が蓄積されている可能性が高いです。

先ほど内臓脂肪型の肥満は中年男性に多いということをお話しましたが、あくまでもそれは傾向として多いというだけで女性だとしても内臓脂肪が多くなる場合はありますし、若い男性でも内臓脂肪が溜まるケースは普通にあります。

DB88_yokononiku15145953-thumb-1000xauto-15835

また、内臓脂肪はその脂肪量が多くなりすぎると見た目からして明らかに肥満な状態になってきますが、内臓脂肪の脂肪濃度が濃い人は見た目には現れづらいけれども体脂肪は高いというような状態になってきます。

内臓脂肪は見た目からして気づきにくいことがあるので気づかないまま体脂肪が高い状態が続いてしまうと、脂質代謝異常症などの症状がでてしまったり、血糖値が急激に上がってしまうなど色々と健康を害することがあります。

さらにその状態が酷く悪化してくると糖尿病や高血圧などいったような後遺症が出てしまうような病気にかかる可能性もあります。

体脂肪を測ってみたら予想以上に高すぎる・・・といった場合は大体このように内臓脂肪がひっそりと溜まりつつある状態で、これは男女共通して言えるところでもあります。

逆に体脂肪も高いし、お腹がたるんでいるかも・・・と自分自身で既に自覚症状がある場合は皮下脂肪が溜まっていることからお腹まわりが太くなっている状態と考えられます。

体脂肪を効率的に落とすには水素水を使うのが最適

最近は水素水が様々な健康効果があるということで注目度が上がってきていますが、その水素水いは体脂肪を効率よく落としていく効果もあるということをご存知でしたでしょうか。

水素水は見た目も味もただのミネラルウォーターのように思えますが、実際はコップ1杯の水素水にも数百万個もの水素分子が含まれていることから体の細胞に水素が一つ一つ行き渡ります。

DSC02973

とくに高濃度水素と言われる部類に入る濃度が高い水素水であれば体脂肪の増加を抑制しつつも既に溜まっている脂肪を効率よく燃焼させる作用が働いてくれるので内臓脂肪や皮下脂肪などをスムーズに減少させることができるようになります。

水素水を飲み続けていくうちに摂取した脂肪などについても逃さずにエネルギーへと変換することができるようになってくるので、自然とヤセ体質を目指すことが出来ます。

もちろん、体脂肪が高いのが気になるという方も水素水を飲むことで体脂肪を燃焼しつつ落としていくことができるようになっています。
体脂肪が異常なまでに高すぎる状態というのは、今は大丈夫でも将来的に大きな病気にかかるリスクがかなり高い状態でもありますので、気づいた段階で適切な対処をしてくようにしたほうがいいですね。

(注目記事)体脂肪の減少効果が高い水素水を実際に飲んで検証しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です