たくさん寝ても疲れが取れない!だるさと目の疲れ解消法

特にこれといって疲れるようなことはしていないはずなのになぜか体がだるかったり、たくさん寝ているはずなのに思ったように疲れが取れないというように体の疲労感に関する悩みは尽きないですよね。

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

だるさと目の疲れが同時にくると何もやる気が起きなくなってしまったりすることもあると思います。
なぜたくさん寝ても疲れが取れないのでしょうか。

特に以下のような状態である自覚があるのであれば原因は絞られてきます。

  • 長時間寝ているはずなのに疲れが取れない
  • 起きた時から体が重くてだるい
  • 体がガチガチに固まっている
  • いつも目がしょぼしょぼしている

このような感覚に身に覚えがあるというのであれば、それは活性酸素が体の中に増えてきしまっているということが大きな原因となっている可能性があります。

活性酸素による影響とは?

最近では研究によって活性酸素が溜まることが疲労感の原因であるということがわかってきています。
活性酸素という言葉を聞いたことがない方は酸素を活性化させるのであれば体に良いのでは?というイメージを持つ方もいると思いますが、実際は全く逆になっています。

体を動かしたり、頭を働かせるときには誰しもエネルギーが必要になります。そのエネルギーを作り出すためには酸素が必要となり、酸素からエネルギーを作るときの副産物として活性酸素が発生するということになっています。

その活性酸素が体の中に増えてくるとこんな症状が出てくることがあります。

  • 体に抜けないだるさや疲労感が残る
  • 肌が荒れやすくなる
  • アルツハイマーなどの病気に掛かる可能性が高くなる
  • 糖尿病などのリスクが高まる

などなどとなっており、最初はただ疲れがひどいかも・・・といったような軽い症状だけだったとしても後からこのような病気などにかかってくる可能性も高くなるのが活性酸素の怖いところです。

寝ても取れない疲れをスッキリさせるには活性酸素を減少させる

今回のようにたくさん寝ても疲れが取れないとか、目の疲れが溜まっているといったような場合はまずは活性酸素を除去するために抗酸化作用が高いとされる水素水を使ってみると効果的です。

とくに濃度の濃い水素水であればそれだけ抗酸化作用も高くなってくるので疲労感の根本の原因でもある活性酸素を素早く減らしていくことができます。

DSC02972

水素水のいいところは、飲んでも全く体に副作用などがないというところですね。

疲れたからといって体を無理に活性化させるようなエナジードリンクや栄養剤などを使うとその場で疲れは感じにくくなったとしても結局は疲れが消えたわけではないので後からどっと疲れが押し寄せてきたりしますし心臓にも負担がかかることが多いので、心臓周辺の病気になるリスクもあります。

一方水素水であれば、余計な成分が入っておらずに純粋な水素を摂取できるため体の中を細胞レベルからキレイにしていくことができます。

もし今たくさん寝ても疲れが取れないとか目が疲れて集中できないといった場合は水素を摂取してみると想像以上のすっきり感に驚くことになるかもしれません。

(おすすめ記事)高濃度水素水の水素たっぷりおいしい水を実際に飲んで感じた効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です