タンパク質は脂肪に変わるから痩せない?ダイエットの裏事情

最近タンパク質は筋肉を作っていくためには大切な栄養素ということで、筋肉量を増やして代謝を上げるためにタンパク質中心の食生活にしようといった形で肉食中心に変えるといった手法のダイエット方法が紹介されているのをよく耳にします。

確かに脂肪や油などは太るというイメージがありますが、タンパク質と聞くとどちらかと言うとダイエットにはいいんじゃないの?というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s
実際のところはタンパク質は適量摂取するのは問題ありませんが、タンパク質中心にするような極端なことをすると逆効果になってしまいます。

少し意外に思われるかもしれないですが、タンパク質も極端に摂り過ぎると脂肪に変わるので肥満の原因となり、頑張っても痩せないという悪循環に陥る可能性があるとされています。

どうして体にいいはずのタンパク質が痩せない原因になってしまうのか見ていきましょう。

タンパク質は過剰摂取すると脂肪へ変化する

タンパク質が筋肉を助ける役割があるのは確かですが、量が多すぎるとタンパク質そのものが脂肪細胞として内臓周辺に溜まっていきます。
これはつまるところタンパク質が脂肪へ変化してしまうということです。

タンパク質の中でも特に肉類や魚類に多く含まれる動物性タンパク質は過剰摂取すると脂肪へ変わりやすいという特徴があるので注意が必要です。
また動物性タンパク質は体内に存在している酵素を無駄に使ってしまうというデメリットもあるのでタンパク質の摂取量が多かったということが原因で酵素不足に陥り、太ってしまったり病気にかかるということも実際によくあります。

動物性タンパク質は体内に入ってから消化するまでにたくさん時間と手間がかかってしまうために消化酵素を余分に消費してしまうため、体内に最初から存在していた潜在酵素の量が押しやられて減少していくようになります。

動物性タンパク質をたくさん摂ろう!というダイエット方法は間違い

ここまでしっかり読んで頂いている方はもうわかると思いますが、よく見かける「動物性タンパク質をたくさん摂取しよう」という趣旨のダイエット方法は間違っていると言えます。

2dddc61f8efeb1d0f9cd666dc9e7da26_s

肉にも魚にはもちろんタンパク質以外にも脂肪は含まれていますし、肉に関しては肥満に繋がりやすいとされている不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。当然調理されている唐揚げや、豚カツなどのような油を使っている料理に関しては素材以外にも脂分がたっぷり含まれるのでさらに太る要因となります。

美しく痩せるためにはタンパク質は少なめの水素ダイエットがオススメ

タンパク質を多く摂ってしまうことが内蔵に脂肪を蓄積してしまうことから肥満につながるということについて一連の流れをお話してきました。
脂肪を溜めずに溜まった脂肪を減らしながらキレイに痩せるには水素を使ったダイエット方法がオススメです。

水素がダイエットになんの関係があるの?ということについては以下の記事にて詳しくまとめてありますのでご覧になってみてください。
>>水素水って何がいいの?水素水とダイエットの関係性

簡潔に言ってしまいますと、水素におけるダイエット効果は以下の4つです。

  • 脂質代謝を向上させる
  • 中性脂肪を減少させる
  • 内臓脂肪を分解して減らしていく
  • 血液をサラサラにする

これらの効果が合わさって実感できるようになるからこそ、水素水は今そのダイエット効果の高さで注目されるようになっているのです。
キレイに痩せるためのポイントとなるのはいかに余計なモノを体に溜めず不要なものは排出するかというところになるのですが、水素水はその条件を全て満たしています。

DSC02972

ちなみに最近ダイエットにもいいということでコンビニやスーパーなどで販売されているサラダチキンがあると思いますが、これもタンパク質の塊のような食材なので1日1回くらいなら問題ありませんが、それ以上食べるようなダイエットはやめておいた方が無難です。
水素を体に取り入れてスッキリボディを目指してみてはどうでしょうか。

(注目記事)水素がたっぷり配合された高濃度水素水で実際にダイエットをした体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です