手あれで手の甲が赤い!水素水で症状を改善するには?

食器洗いなどを毎日しているとどうしても洗剤などに手が負けてしまって手あれをしてしまうということで悩んでいる方も少なくないと思います。

13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s

また乾燥する季節になってくるといつの間にか手の甲が赤い状態になってしまったり、ぱっくりとひび割れを起こしてしまうなど色々な症状が出てきてしまうので厄介ですよね。

そんな手あれの症状を改善するために水素水を使うと効果的であることが最近の研究によって明らかになってきています。

なぜ手あれで手の甲が赤くなるの?

1.水仕事などで皮膚が負けてしまっている

まずもともと乾燥肌であったり、敏感肌である場合は水仕事をするとすぐに洗剤に皮膚が負けてしまって荒れてしまうことが多くなります。

皮膚が負けてしまったらまず最初に手の甲であったり、指と指の間などに炎症が起きてしまう可能性が高くなります。

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

手も皮膚の厚さなどによって強い部分と弱い部分があるので、皮膚の皮の薄い部分から先に負けてしまって荒れているというのが一般的です。
もともとの乾燥肌や敏感肌を改善するか、水仕事を行う際に洗剤が手についてしまうことがないように工夫するなどして対策をしていかなければなかなかこの症状を防ぐのも難しくなります。

2.冷え性で手の甲が腫れている

冷え性を持っている方は手足が特に冷えてしまうことが多いと思うのですが、そうすると手の血行が悪くなってしまってしまうことが原因で冷たいまま手が腫れてしまったりすることがあります。

この場合は食生活や栄養バランスを調整することで冷え性を改善することができれば自然と手の甲の赤い腫れも引いてくるようになります。

3.紫外線や外的刺激および活性酸素の影響

紫外線は長時間浴びると体や皮膚にとって有害と言われていますが、それは当然手のひらや手の甲であっても同様に話になっています。
特に手の甲などは長袖の服を着ていたとしても手袋などはめていないかぎりは紫外線を直接浴びることになってしまいます。

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

紫外線は皮膚を若々しく保つためには大きな障害となるとも言われており、シミやシワといった肌のトラブルはもちろん今回のような手あれや手の甲の赤みなどについても影響があります。

その背景としては紫外線によって増えてしまう活性酸素の存在があります。紫外線を長時間浴びてしまうと皮膚で活性酸素が発生してくるので皮膚の脂質が酸化してしまうことになります。

そうするとシミや肌荒れの素となる過酸化脂質が生成されてしまうので皮膚炎を起こしたりしてしまうようになっていきます。

水素水を使って手あれや手の甲の赤い状態を改善しよう

美肌効果などで注目を集めている水素水を使っていくことによって紫外線などの影響を受けてしまって溜まった活性酸素を効率よく除去することができるようになります。

さらに水素水には血行を促進しながら体内に流れている血液から老廃物を除去して綺麗でサラサラな血液の状態へ改善していく作用があります。

そのため今回のような手あれを始めとした皮膚トラブルをスムーズに解消するために役立ちます。

DSC02973

水素水は普通に飲むことで体の中全域へ行き渡るようになっているので手の甲などにもしっかりと水素分子は行き届きます。
また、そこからさらに踏み込んだ効果を期待している場合は水素水を直接手荒れをしている部分や手の甲などに塗るようにして皮膚表面から活性酸素を除去するようにしていくことで対策をするという方法もあります。

いずれにしても手あれなどに対して水素水は効果があるものとなっていますので、症状を少しでも早く改善していきたいという場合は使ってみる価値が有るのではないかと思います。

手あれの症状を改善するためにも役立つ水素水とは?

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です