手足口病の後遺症で頭が痛い!大人でも辛い症状の解消方法は?

あまりにも強すぎるストレスなどを受けてしまうことによって普通は子どもがかかってしまうことが多いとされている手足口病に大人でも感染してしまうことがあります。

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

通常は夏風邪のようなもので季節的には夏に免疫力がまだついていない乳幼児(5歳未満)がかかってしまうケースが多くなっているのですが、
場合によっては季節にも関わらず大人がかかってしまってつらい症状が長引いてしまうケースも最近は増えてきているようです。

手足口病の初期症状としては本当に手と足と口に湿疹ができてしまったりしてその部分に酷い痛みが出ることが多いのですが、問題なのはその症状が治りかけた時の後遺症です。

今回は実際の手足口病の症状自体は治まってきたものの、どうしても長引いてしまいがちな後遺症の症状と、その症状を和らげる解消方法について解説していきます。

手足口病の後遺症にはこんな種類が!

手足口病の症状が治まってきてから1週間くらい経った頃から以下のような症状がでてくることがあると言われています。

  • 身体がモヤモヤする
  • 朝起きた時に体中がモヤッとする
  • ちょっと疲れたら具合いが悪くなる
  • インフルエンザみたいな関節痛がある
  • 頭痛が重たい鈍痛

これについては私が実際に手足口病に感染して治りかけた患者さんに独自でインタビューをして手に入れた生の意見ですので、おそらくこれらと同様な症状が出てしまっている方もいると思われます。

手や足、口に病気の症状自体はなくなってきているのにこういった後遺症が残ってしまうのは最初に手足口病に感染してしまった時に身体の中に入ってきた菌が1ヶ月から2ヶ月程度残ってしまうからです。

そのため初めに手足つく治病の症状が現れた時から1〜2週間で主要な手足口の症状が治まってきたとしても、そこからさらに身体の中に残っている菌が消えるまでの2週間程度は後遺症が出続けてしまうようになっているのが現状の症状となっています。

■手足口病の後遺症で頭が痛い時の対処方法は?
頭に鈍い痛みが出てくるのはフェーズ的には後遺症としても終わりの頃ではあるのですが、それでもかなり辛い痛みが走るのでそのまま何もせずに耐えるのは厳しいところがあると思います。

そのため安静にしながら自分でも出来る対策方法があるので紹介していこうと思います。

1.蒸気でアイマスクを使って目や頭の血行を促進する

あまりにも頭が痛すぎるときに実際効果のあった方法なのですが、蒸気でアイマスクをつけて10分くらい休むと頭の鈍い痛みが和らいだという話もでています。

aimasuku

これは40℃のちょうど心地いいくらいの温度のアイマスクで目の周辺を温める事ができるので凝り固まっている目の周りの筋肉をほぐして奥のほうがからスッキリとさせていくことができるようになっています。

手足口病の後遺症としては血行が悪くなってしまっている場合があるので、目の周辺を温めて血行促進することで症状を緩和することができるようになっています。

2.水素水を飲んで身体の中の活性酸素を取り除く

これも実際に手足口病の後遺症で悩んでいた人が実践してかなり早い段階で効果があった方法なのですが、アンチエイジングや美容効果で話題の水素水を飲むことで手足口病の後遺症を長引かせる原因ともなっている活性酸素を除去することができるようになっています。

DSC02973

水素水の効果は普通は飲み始めてから何度か継続して飲むことでその効果がでてくるようになることが多いのですが、実際に手足口病の治りかけの後遺症で頭が痛いと悩んでいた友人に水素水を与えてみたところ半日程度でその症状が治まってきたとのことでした。

頭痛の要因となっている頭の中の活性酸素が除去されたということと、血液中の活性酸素が除去されたことで血流がよくなったことから痛みが改善されたのではないかと思われます。

効果を感じるスピードについては差はでてくるかと思いますが、試してみる価値はある方法ではないかと思います。

手足口病の症状が緩和された水素水を飲んでみた効果と体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です