低気圧が体調不良の原因に!簡単に対策できる対処方法は?

台風が頻繁にきたり低気圧が続くとなぜか体調不良になる傾向にある方が多いと思います。
私も実際その傾向にあって困っていた時期があったので、こういったお悩みを聞くととても話がわかります。

b850b76b720010a7bca457a714d3b884_s

まだ上陸はしていなくても台風が近づいてきているような段階で既に体に異変が出てきたり体調不良の症状がでてくることもあるので、これが継続するようであればなかなか大変ですよね。

なぜ台風がきたり低気圧になると体調不良が起こってしまうのでしょうか。その原因と対策方法についてお話していこうと思います。

低気圧でどんな症状がでる?

低気圧で体調不良になると言っても具体的にどのような症状がでてくるのでしょうか。
悩みは人それぞれ違っていてパターンもかなりありますので、どんな症状がでてくるのか見ていきましょう。

低気圧によって起こる体調不良の種類

  • 頭痛
  • 頻繁にくるめまい
  • 手足全体のしびれ
  • 体や頭がだるくて重くなる
  • 鼻水やくしゃみ
  • 吐き気

だいたい多いのはここにあげたような症状ですね。
こういった症状が出てくるだけでなくイライラしたり機嫌が何となく悪い状態になるのも気圧の影響と言われています。
しかし、困ったことに上記のような症状を病院などにいって診察してもらったとしても特に改善策はないと言われることが多いようで、頭が痛い時は頭痛薬などが渡されてそれで凌ぐしかないといったパターンが多くなっているようです。

低気圧を身体が察知してストレスが溜まる

今回のような低気圧による体調不良の原因として最も可能性が高いと言われているのは身体や脳が低気圧を察知してしまい、そこからストレスを感じてしまうために脳内や体内に活性酸素という悪玉物質が溜まってしまうというところに原因があります。

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

活性酸素はストレス要因でも蓄積されてしまう可能性が高い物質でもありますし、溜まれば溜まるだけ体のだるさや重さが増えていったり、体調を崩したり病気になる可能性が高くなると言われています。
どんよりした天気や雨などにストレスを感じるような場合はそのほとんどの場合がこの活性酸素による原因ではないかと考えられています。

たまった活性酸素を除去するのが低気圧による体調不良対策として有効

薬などを使って症状が出るたびに抑えていてもきりがありませんし、あまり薬ばかり使っているとその副作用などの方が逆に心配になってくるかと思います。

今回例としていくつか挙げてきたような症状を改善するためにはポイントとなるのはいかにしてストレスによる活性酸素を除去できるかというところにあります。

なので抗酸化作用のある水素水を飲むことで活性酸素を除去するのが最も簡単にできる対策方法と言えます。
水素水といえば病気の改善やアンチエイジング、ダイエットや美容などにも活用されている健康飲料の一種ですが体のだるさや頭痛や吐き気といったような体調不良を抑えるためにも活躍してくれます。

DSC02974

他の抗酸化作用を謳っている薬やサプリメントとは違って、体に害のある悪玉活性酸素だけを抽出して除去できるというところが水素水を使うメリットになりますので飲むだけで体の中から毒素をスッキリと排出してくれるようになります。今回のような低気圧による体調不良の対策方法としても高い効果が期待できます。

最も安くて費用対効果の高い水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です