寝起きに手に力が入らないのはなぜ?改善するための最善策とは?

寝起きに手に力が入らないような状態になってしまって困ったことはありませんか?
起きてすぐに行動をしなければいけない時なんかは手に力が入らないと何かと困ってしまうことがたくさんありますよね。

8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_s

何かものをつかもうとしても両手に力が入らないとすぐに落としてしまいそうになるので、料理をしたり朝ごはんを食べるだけでも支障が出てくる場合があります。

なぜ寝起きに手に力が入らなくなってしまうのでしょうか。
その原因と改善するための方法について解説していきます。

血管が細くなっている

何らかの原因で血管が細くなっていると血流が悪くなってしまうので手の筋肉を動かしにくい状態になることがあります。

日頃からの運動不足などによって血管が細くなって血行不良のような症状になってしまうケースもよくあります。
生まれつき筋肉が少ないために血管が細いという人もいますが、地道に少しづつでも運動をしていきながら筋肉をつけるようにしていけば血管を太くすることも不可能ではありません。

ストレスや緊張が取れない

大きなストレスを感じるようなことがその日のうちにあったり、細かいストレスを毎日のように感じているといったストレス要因だったり、何か緊張するような場面に出くわしてしまったりするとストレスから血管に悪影響がでてくることもあります。

不安や緊張、恐怖などのストレスは交感神経からノルアドレナリンというホルモンを分泌させるようになるのですが、ノルアドレナリンの影響から血管が縮まってしまうということもあります。

血管が縮まった状態で寝て起きたとしてもその寝起きの段階で血液が手足などの先端までしっかり行き渡っていないことがあるので中々手に力が入らないということもあります。

活性酸素が体内に溜まっている

寝る前にお酒を飲んだりタバコを吸ったりする人や乱れた食生活を送っている人は体の中に活性酸素が大量に溜まってしまっていることがあります。

さらにストレス要因でも活性酸素は溜まることがあるのですが、その影響を受けてくると体内が酸化してくることから動脈硬化などといった血管にかかわる病気にかかってしまうリスクも増えてきます。

寝起きに手に力が入らないというのは実は動脈硬化の前兆となる症状だと言われることも多いので、活性酸素の蓄積による悪影響を受けてしまっている可能性も否定できません。

水素水の抗酸化作用で症状を改善させよう

寝起きに手に力が入らないような状態を改善させるためには、まずは体の中に溜まっている活性酸素を除去しながら細くなってしまっている血管を元の状態にもどしてあげるようにする必要があります。

その際には最近その抗酸化作用の高さから話題になることが多い水素水を使った対処法が有効です。
使い方はとても簡単で、寝起きに手に力が入らないという人は寝る前に水素水を飲むだけで大丈夫です。

P1010633

その日1日の間にたまったストレスや、その影響で溜まった活性酸素を寝ている間に除去してくれるようになるのでスッキリと朝起きることができるようになって、手に力が入らないような状態も改善することが可能です。

朝起きた時にまだ症状が続いているようであれば、朝起きた時にもう1杯水素水を飲めば高い確率で症状が緩和されます。

もちろんすべての人の症状が必ず治るということではありませんが、何も対策をしないよりは確実に改善へ近づいていきますので試してみる価値はあるかと思います。

(注目記事)最も抗酸化作用が強い水素水を実際に使ってみた

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です