トラストウォーターの濃度が凄い!本当にそれだけの効果はある?

P1020105

水素濃度の高さとしては業界で圧倒的なトップに位置するトラストウォーターですが、本当にその濃度の分だけ高い効果はあるのかというところは気になりますよね。

一般的には1.2ppmくらいの水素濃度が維持されている水素水であれば十分にその効果を感じることができると言われていますが、トラストウォーターはその数値を大きく上回る3.0ppmという水素濃度になっています。

単純な濃度の濃さがそのまま効果につながるのであれば他の水素水の2倍以上はっ効果が大きいというように考えることもできます。

トラストウォーターの水素濃度は特許も取得済

他社製の水素水の場合は最大でも工場出荷時時点で1.6ppmまでの水素充填が限界と言われており、さらに出荷から手元に届く段階で水素がある程度抜けることから実際に水素水を飲む段階では0.8~1.2ppmの水素濃度に落ち着くと言われています。

もちろんそれであっても水素の効果はあるわけですが、できれば水素濃度がもっと高いものを使っていきたいところですよね。

トラストウォーターについては充填の時点で特殊な技術によって他社製の水素水を大きく超える3.0ppmを実現しており特許を取得しています。

さらに充填時から出荷して手元に届くまでの間に水素が抜けてしまうことがないよう完全に密封されている特殊アルミ容器を使っているので飲む段階でもきちんと充填時と変わらない3.0ppmが維持されるようになっています。

そのため単なる表記上の高濃度というわけではなくしっかりと高濃度な状態の水素を摂取できるようになっています。

3.0ppmだとその分だけ効果も高いのか

水素濃度の実験などが各所で行われていますが、検証の結果として1.0ppm以上の水素濃度であればそれ以上高かったとしてもそこまで大きく効果は変わらないというものになっています。

なのでトラストウォーターに関しては他の水素水よりも2倍~3倍ほどの水素濃度ではあるものの効果もそのまま2倍~3倍にまで大きくなっているというわけではないということです。

P1020098

ただ、他の水素水がかりに充填時に1.2ppmだとすると飲む段階ではすでに水素が抜けていて0.8ppm以下になっているということも考えられます。

そうなるとトラストウォーターの方はそもそも水素濃度が落ちることがないように工夫されていることからあきらかに実感できるレベルで効果が高いという結果になってきます。
2倍3倍と言った効果まではなくても濃度が高い方が確実に水素の効果を実感できるという意味では安心感はありますね。

トラストウォーターの濃度がどれほどのものか実際に試してみた

私の方でもトラストウォーターに関しては販売開始になった段階から凄くきになっていたので、実際に取り寄せてその濃度がどれほどのものなのか使いながら試してみることにしました。

どういう効果があるのかということや、トラストウォーターを毎日飲むようにしていくことでどんな体の悩みやトラブルを改善することができるのか詳しく検証してみました。

検証結果については別途詳細をまとめて記事にしていますので、トラストウォーターについてもっと詳しく知りたいという場合は以下より確認してみて下さい。

>>トラストウォーターの効果と体験談まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です