トラストウォーター水素水の濃度や硬度について詳しく調べました

P1020100

現状の水素水の中ではかなり水素濃度が高い部類に入ると言われている人気水素水のトラストウォーターですが、実際の水素濃度や硬度などについてはどのようになっているのか詳しく調べてみました。

というのもやはり水素水にはたくさんの種類がありますが、その優劣を決めて使い続けるべきかどうか判断するための基準となるものの中にはどうしても濃度や硬度など数値上の差がポイントの一つになってくるからです。

価格との兼ね合いも含めて濃度や硬度のバランスが価格に見合ったものかどうかというところで最終的に購入に値するかどうか判断してくべきと言えるでしょう。

トラストウォーターの効果と総合評価についてはこちら

トラストウォーターの水素濃度は?

トラストウォーターは濃度が他の水素水よりも極めて高いというところがまず一番の特徴と言えるところになります。
数値としては3.0ppmとなっています。

P1020101

これについては一般的に高濃度水素水と言われているもので0.8ppm〜1.2ppmほどとなっています。
そのため3.0ppmを実現している以上は他社比較で明らかにトラストウォーターの水素濃度が優位に立っているということがわかると思います。

もちろん単純に水素濃度が高ければ高いほどいいのか?というとそうではない部分もあります。
肝心なのは飲む段階で充填時の水素濃度をどれほど維持することができているかというところになります。

トラストウォーターに関してはその点に関して特殊なパウチ製容器を使用している関係でかなりこだわって製造されているので飲む段階でも充填時と同様に3.0ppmを維持することができるようになっています。

そのため数字上の優位性をそのまま体に浸透させることができるといういみでは信頼性の高いほど水素濃度となっています。

トラストウォーターの硬度は?

硬度まで気にする人は少数派かもしれませんが、トラストウォーターをはじめとした水素水やミネラルウォーターなどの飲料水には硬度という基準値が存在しています。

硬度の値によっては硬水となったり軟水となるということですね。
ちなみに数値が高いと硬水となり、数値が低いと軟水となります。

一般的に硬水に部類されるような硬度が高いものは日本人の口には合わないことが多いので、飲んだ瞬間に「あ、これ飲みにくいかも」といったように感じてしまうと言われています。

ちなみに基準値としては以下の通りとなっています。

  • 軟水 0~60未満
  • 中程度の軟水 60~120未満
  • 硬水 120~180未満
  • 非常な硬水 180以上

ヨーロッパなどの水は硬度が非常に高くなっており一部では300以上のものもあると言われています。
当然そうった硬水は我々日本人のが飲むと「オエ」っと吐き気がしてしまうくらいにまずく感じてしまうこともあります。

トラストウォーターの硬度についてはパッケージ裏に記載されているのですが、26mg/lとなっています。
ここでいうと硬度としてはかなり低い部類に入るのでトラストウォーターは軟水になるということです。

つまりトラストウォーターは日本人の口に合うのでかなり美味しく飲むことができるということになりますね。
もし、硬度が高くて飲みにくかったらどうしよう・・・という点で不安に思っていのであればその点については安心しても大丈夫ということです。

>>トラストウォーター水素水本音の総合レビューはこちら

人気の水素水を実際に使った総合評価

飲みやすさと価格の安さに定評のある高濃度水素水。

業界最高峰の水素濃度を特許取得で実現した水素水。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です