動くと汗が止まらない!服びしょびしょの不快な汗はなぜ出る?

真夏の蒸して暑い時期は当然外にでると汗で服がびしょびしょになるかと思いますが、真夏というわけでもないし、周りの人達は汗をかいていないのに自分だけ動くと汗が止まらないといった状態になるとどうしてもきになりますよね。

せっかくシャワーに入って汗を流したと思ってもものの数十分ですぐに汗がでてきたりすると洗ったばかりでもすぐに気持ち悪くなりますし嫌ですよね。
また汗の臭いがひどいということで悩んでいる人も少なくないと思います。

bfeb119090f14e564e4c17b45ece265e_s

気温や湿度が極端に高かったりすると汗がでるのは当たり前かと思いますが、周りの人よりも自分の汗の量が過剰に多いとか、周りの人は誰も汗をかいていないのに自分だけ汗が止まらないといった状態になると気になりますし恥ずかしくなって来るかと思います。

ちょっと動くと汗が止まらないのはなぜか

ではどうして少し動いたくらいでも汗が止まらないような状態になっていまうのか原因を見ていきましょう。

1.肥満である

汗をかきやすい原因として最も可能性が高いのは肥満であるということになっています。

恐らく現状で汗がひどいという方は痩せ型のかたよりも肥満に近い方が多いのではないかと思います。
これには実は理由があります。

人間の生理現象の一つとして常に体内の熱を外にだしていくという働きがあるのですが、肥満によって体に余分な肉が溜まっている状態だとその熱が外へと排出する働きに制限がかかってしまうために何とか体を冷やそうと脳が汗を大量に出すように信号を送るようになります。
その脳からの信号によって肥満の人はすぐに汗をかくことが多くなっているということになります。

2.体脂肪率が高すぎる

外見としてはそこまでひどい肥満ではないという人でも体脂肪率が高いと汗が止まらないという状態になることがあります。

これについても実際にありえる話なのですが、どちらかと言うと皮下脂肪とくらべて内臓脂肪の方が多くなっているという人はその傾向が強くなっています。内臓脂肪はある程度溜まっても見た目に出てこない場合があるので気づきにくいのですが、溜まり過ぎるとお腹がぽっこりと出てくることもあるのである意味注意が必要です。

3.活性酸素の影響で体が錆び付いている

生活習慣の乱れやストレスなどによって体の中に活性酸素が溜まりやすくなるのですが、その活性酸素の体に及ぼす悪影響の一つとして体を錆びつかせてしまうという影響があります。

体が錆びついてしまうと、本来汗を書かなくてもいいタイミングで汗をかいてしまったり、体温の調節がうまくできなくなってしまうといった症状へとつながる可能性がある他、汗の質が悪くなることで臭いがついた汗やべたついた汗が出やすいということも言われています。

水素水を使って活性酸素を減らしつつダイエットをしよう

水素水を使ったダイエットが最近注目を集め始めていますが、その理由の一つに活性酸素を減少させることができるということがあります。
活性酸素は放っておくと色々と健康トラブルを引き起こすことがあるので注意が必要なんです。

☆活性酸素による影響

  • 皮膚にシミやそばかすができやすくなる
  • 悪玉コレステロールが増えることで生活習慣病にかかる
  • アルツハイマー性認知症にかかりやすくなる
  • 体の老化により代謝機能が低下して太りやすくなる

などなど汗がどうこうのみならず様々な影響があるとされる活性酸素ですが、水素水を活用したダイエットを行っていけば肥満を健康的に解消できるうえにそれら活性酸素による影響へのリスクも減少させることができるようになります。
水素水には余分な糖質などは当然全く含まれていないので汗の臭い除去にも最適です。

(注目記事)高濃度水素水を実際に購入して飲んでみた効果と体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です