夜になると鼻水が出るのはなぜ?今すぐできる対処法

なぜか夜になると鼻水が出るということでつらい症状に悩んでいるということはありませんか?

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

私もそうだったのですが、朝とか昼間は特にそこまで鼻水が出るようなこともないのに大体夕食を食べ終わったくらいの時間くらいから鼻水がずるずると出てきて止まらない・・・と言った状態になることがあって風邪でもないのになぜこんなことになるのか悩み呆けていた時期がありました。

風邪だったら病院にいって薬をもらって少し休んでいれば数日で鼻水は治まるものだと思いますが、風邪でもない場合はなかなか対処方法にも困ってしまいますよね。

夜になると鼻水が出る原因

夜になった時に突然鼻水が出始める原因となっているのは寒暖差アレルギーを呼ばれる症状である可能性が高いと思われます。
最近は冬だと外はすごく寒くて部屋は暖かい状態になっていたり、夏であれば外は非常に暑いのに部屋の中はエアコンが利いていて涼しいと言った形で1日の中で自分が体感する気温に大きな差が出てしまうことが多くなってきていると思います。

致し方ないところもあるとは思いますが、あまりに温度差が激しい生活を送っていると鼻の奥側にある毛細血管の粘膜が弱まったり剥がれてしまうことがあると言われています。実はこの症状のことを寒暖差アレルギーと読んでいます。

ニュースなどでも取り上げられることがたまにあるので、寒暖差アレルギーという名前くらいは聞いたことがあるという人も少なくないと思います。

外部の温度の差が激しい時もそうですし、身体の体温に差が開いてしまうようなときも寒暖差アレルギーに近い症状がでることがあります。

例えば休日で1日中家の中にいて1日の中で気温の差はあまりなかったのに症状がでてしまったような場合ですね。

これは部屋の中を寒くしていたので体温は少し平均よりも下がっていたのに、夕食で急に温かいものを食べて身体の中がぽかぽかと温まってきたりすると急激な体温の上下による影響で鼻水が出るということもあります。

さらに暖房やエアコンは使っていなかったとしても1日の中で室内の温度は上下しているものですので、その差が大きくなったときに症状が現れてしまうという場合もあります。

夜に出る鼻水の対策は?

それでは夜に毎回でてしまう鼻水の症状をなるべく早く解消するために今すぐできることはあるのでしょうか。
まず寒暖差アレルギーが原因であるのであれば、1日の中で体感する気温や室温の差があまり激しくなりすぎないように調節するということも大切です。

外が寒いのであれば、あまり室内の温度との差が激しくなりすぎることがないように適度な温度で暖房を調節したり、夏で外が暑いという時は室内の温度も寒くなってしまうようなことがないように適度な温度にエアコンを調節するといった具合いですね。

しかしそれだけでは対策としては不十分なので身体の中の免疫力を高めるようにしていくということと、アレルギー対策と血行促進を重点的に行なっていくようにすれば夜になると鼻水が出るというような症状を改善することができるようになります。

  • 免疫力の向上
  • アレルギー対策
  • 血行促進

ちなみに今ダイエットや美容、健康作用で話題の水素水を使うことによってこの3つの目標を同時に達成させることができるようにもなっています。

極端な話、水素水を使うようにすればアレルギーの耐性がついていくということと、体の免疫力の向上と血行がよくなるということもあって多少の寒暖差があったくらいではアレルギー症状がでたり夜になったからといって鼻水が出てしまうような状態にはならないように体質も変わっていくのでそこまで神経質に気温や体温に気を配る必要もなくなります。

いろいろと対策をするのが面倒だけど夜に出る鼻水は気になるしとめたい・・・と思っているような場合は水素水を使いながら対策をするのもいいのではないでしょうか。

【写真掲載中】夜の鼻水に効く!水素水を実際に使ってみた効果と体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です